ルアー バス ネット 写真

あなたはランディングネット派?それともフィッシュグリップ派?

FISHING JAPAN 編集部

釣った魚を水から取り上げる際、実際に用いるのはランディングネットなのか、はたまたフィッシュグリップなのか?

釣り人の間でよく話題に上がることですが、どちらのほうが良いのでしょう?

魚体に負担がかからないようにするには、釣らないことがベストなのですが・・それは一旦置いておくことにしましょう。

ランディングネットとは

ランディングネットは、枠と網と持ち手で構成された、昔からある捕獲道具です。

釣り上げた魚をそのまま取り込もうとすると、魚体の重さでラインが切れてしまうケースが。

それよりもフックが口から外れてしまう可能性が、どんなに釣りスキルを重ねてもゼロにはなりませんから、手早くすくってしまいたい場合には、ランディングネットを使ってしまいますよね。

網がヒレを傷めてしまうことも

でもこのランディングネットの網部分が、伸びのほとんどない撚り糸で作られている場合、そこに尾ヒレや胸ビレが食い込んで裂けてしまうことがあります。

魚をリリースするつもりなら、むやみに魚体を傷めたくはありませんよね。

最近では網部分に伸びとボリュームのあるラバー素材が使われるようになって、ヒレ切れの恐れが抑えられるようになりましたよ。

フィッシュグリップとは

次にフィッシュグリップをチェックしてみましょう。

金属製のものが多く、先端のクロー部分で釣れた魚の下アゴをとらえる仕組みになっています。

一旦挟み込むと、魚が暴れてもほぼ外れることがないくらい、強い力でとらえますので、クロー部分が下アゴを突き破って貫通させてしまうことも。

これも魚をリリースするつもりなら、何とか防ぎたいトラブルです。

おすすめはどっち?

ランディングネットは改良が進められ、枠の大きなものや網の深いもの、もしくは持ち手部分の長いものが発売されるようになりました。

これなら魚にダメージを与えるケースは、かなり抑えることができます。

しかしちょっとかさ張ってしまって、置き場所を確保しなければいけません。

カハラジャパン(KAHARA JAPAN) ミディアムディープラバーランディングネット

カハラジャパン(KAHARA JAPAN) ミディアムディープラバーランディングネット

最安値価格
¥5,093(amazon)

Amazonへ ¥5,093

楽天市場へ ¥5,247

Yahoo!へ ¥5,183

BOGA GRIP 15LBS ボガグリップ 15ポンド ランディングツール

BOGA GRIP 15LBS ボガグリップ 15ポンド ランディングツール

最安値価格
¥15,100(amazon)

Amazonへ ¥15,100

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

フィッシュグリップには、大小さまざまなサイズが用意されるようになりました。

小さな魚を大きなクローでつまむ必要はなくなったのですが、下アゴ貫通トラブルは依然として続いています。

作業用のグローブを装着して自分の指でとらえれば、魚の負担は減るようにも感じますが、魚が暴れると指の力では逃がしてしまうことも発生し・・・。

完璧なランディングツールは、未だ生まれずといった感は否めませんが、釣り人が個々に対処しながら各ツールのデメリットを補うしかないでしょう。

ツール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング