ルアー 写真

メバちょこはメバリングを楽しむためのフローティングペンシル!

FISHING JAPAN 編集部

メバちょこは、アルカジックジャパンから発売中のメバリング用ペンシルベイトです。

フローティングモデルですから着水してそのままにすると、水面に浮かび上がってきますよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

メバちょこってどんなルアーなの?

メバちょこは、追いかけてきたメバルをバイトに持ち込むためのペンシルベイトです。

全長は55ミリとコンパクトで、自重は2.8グラムです。

これならメバルの口にすっぽり簡単に入ってしまいそうですよね。

メバちょこは後方重心設計

このルアーは、ウエイトが最後尾寄りに設置された、後方重心設計です。

これによってキャスティングの際に、安定した飛距離を飛んでくれますよ。

離れたエリアでライズしているメバルを見つけたら、ぜひこのペンシルで撃ってみてください。

垂直に近い前傾姿勢を水面でキープ

メバちょこの浮き姿勢は、垂直に近い前傾をキープするようになっています。

このままちょこっとロッドティップを煽ると、ルアーはその勢いで水中にダイブしてくれるでしょう。

接近してきたメバルがなかなかバイトしないときに、ダイブで誘いをかけてみてください。

12番サイズのトレブルフックを標準装備

このルアーには、12番サイズのトレブルフックが2つぶら下がっています。

大き過ぎないサイズですから、メバルの口の中に入りやすいでしょう。

強めにフッキングをおこなわないようにして、ラインが走ったらロッドを立てて、フックアップに持ち込んでください。

メバちょこには、合計6種類のカラーがラインナップされています。

●どクリアーカラー

●プランクトンカラー

●あみだんごカラー

●スポットライトカラー

●ブルーベイトカラー

●Fアタッカーカラー

個性的なカラーが揃っているので、どれから使おうか迷ってしまいそうですね。

今年のメバリングは、ワームとメバちょこのローテーションで決まりでしょう!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング