バス ルアー 写真

反応しやすいバスから順に釣っていこう!ルアーのボリュームやカラーに敏感なバス

FISHING JAPAN 編集部

エサを使うのではなく、ハードルアーをキャストするだけで追従してくるバスっていますよね。

特に生まれてからの経験値少なめな子バスなら、その傾向は顕著です。

躍起になってビッグサイズのバスを追いかけずに、たまには簡単にルアーと遊んでくれるタイプのバスを相手にしてみませんか?

ルアーをシャローエリアに放置してみよう

例えば、底と水面が近いエリア。

シャローと呼ばれる場所で、底にさまざまなものが沈んでいるなら、子バスが悠々と泳いでいる姿を見つけられるかもしれません。

もし見つからなかったとしても、試しに画像のように、派手なカラーで小さめなボリュームのハードルアーを放置してみましょう。

ルアーから離れると・・

すぐにリールハンドルを回して、巻き上げてしまってはダメです。

クラッチを切ってスプールフリーにしたまま、つまりラインを出しながらその場所から少し離れてみましょう。

子バスがいれば、簡単にそのハードルアーにまとわり付いてきますよ。

釣りを完結させない

まとわり付いてきた子バスが、たまたまフックをくわえてくれたら、そのまま釣れてしまうこともあるでしょう。

まとわり付いてくるだけなら、しばらくの間じゃれさせてみてください。

バスがルアーに対して、具体的にどんな行動に出るのか、詳しく知ることができます。

釣りを完結させることを急ぐ必要はないのです。

子バス以外も興味を示すように

そのうち、子バスのじゃれ合いが波動を発生させ、それに興味を持ったバスが近寄ってくることも。

第2の子バスの登場です。

でも、それが子バスではないこともあり得ます。

全ては釣りを完結させず、ルアーを放置し続けたことによる産物で、いつもと違うアプローチを試してみた結果のひとつといえるでしょう。

普段はそこに存在しないものをポツンと放置し続けることは、自然界に棲む生き物にとって大きな刺激になるのかもしれません。

ルアーは動かして使うもの!という固定概念を払拭し、いつもあまりやらないことを実践してみると、バスが違う表情を見せてくれる可能性があります。

放置したルアーを子バスが動かしてくれて、その副産物が別のバスを呼び込むという図式。

バスが釣れないスパイラルにハマった際に、ぜひ試してもらいたいアプローチです。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング