ロッド 写真

アナリスタータイサビキは2019年新発売の瀬戸内船釣りタイサビキ専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワから新発売されるアナリスタータイサビキは、瀬戸内エリアで盛んな船釣りタイサビキ釣法に適応したロッドです。

マダイが専用サビキをくわえたときの微細なアタリを、このロッドは逃がさずフッキングに持ち込めますよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

アナリスタータイサビキの基本スペックはこちら!

アナリスタータイサビキは、船釣りタイサビキ専用のロッドです。

全長2.35メートルで2ピース構造になっています。

仕舞寸法が122センチですから、釣り場への持ち込みが楽チンですよね。

穂先やガイドに注意しながら運ぶようにしましょう。

アナリスタータイサビキは6対4調子

このロッドは、タイサビキの釣法で活用できるしなやかさをしっかりと持っています。

6対4調子に仕上げられていて、 穂先部分は食い込みを重視していますよ。

サビキをくわえたマダイが、違和感なく口の中にキープしてくれるので、フッキングに持ち込みやすい特性を持たせています。

またバット部分は、トルクのある調子に設定。

仕掛けに複数の魚が掛かる多点掛けの際にも、安心してやり取りできるのが嬉しいですね。

穂先にはグラスソリッドを採用

アナリスタータイサビキの穂先には、グラスソリッドを採用しています。

しなやかな調子なので、ショートバイトが頻発するタイサビキ釣法では乗りやすさを提供。

食い込みの良さも追い食いも期待できるでしょう。

エアセンサーシートを標準装備

このロッドのグリップには、スタンダードトリガーを配したエアセンサーシートが取り付けられています。

軽量化を実現し、高強度・高感度を伴なったカーボンファイバー入りですから、長時間の釣りにもじゅうぶんにプラスに働くでしょう。

アナリスタータイサビキのガイドに注目してください。

オールSiCリング仕様で、糸絡みしにくくて軽量なLDB-LNガイドを採用しています。

ブランクは定評のX45で補強していますから、大型マダイが掛かっても安心ですね。

2019年11月に発売予定、瀬戸内タイサビキ釣法に特化したモデルとして、人気を博すでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング