ルアー 写真

スプーンルアー特集!管釣りはもちろん渓流・ライトソルトゲームでもおすすめ12選

FISHING JAPAN 編集部

スプーンとは、金属板を湾曲させた作った、とてもシンプルなルアーです。

形が食事に使うスプーンと似ていることから、スプーンルアーと呼称されていますよ。

その起源は、湖に誤って落としたスプーンを、魚がくわえたことに始まっているらしいのですが、実際にスプーンを水中へ落としてみると、ヒラヒラと揺れるようなアクションを発生させます。

これなら魚が食い付いても不思議ではないですよね。

スプーンルアーの種類

スプーンルアーを使った釣りを楽しめるところといえば、、トラウトの管理釣り場が真っ先に思い浮かびますよね。

よく使われるのは、丸いコロラドタイプや細長いウイローリーフタイプ、木の葉のようなリーフタイプが代表的なデザインでしょう。

これらをキャストして、その場でフォールさせたりリトリーブしたり、またはリフト&フォールを繰り返したりして、魚を誘います。

ライトソルトゲームでもスプーンルアーが活躍

ライトソルトゲームでは、アジやサバ・メバル・カマスなどをターゲットにスプーンルアーを使うケースが増えてきました。

特にフグが多いエリアでは、ワームをキャストするとカンタンに噛み切られてしまいます。

その点スプーンルアーなら、フグの鋭い歯にも負けない硬さを備えていますから、安心して使うことができますよ。

おすすめスプーンルアーをチェック・コロラドタイプとリーフタイプ

スプーンルアーの中から、おすすめのアイテムをご紹介します。

まずは水をしっかり受けて、リトリーブの感触が手元に伝わりやすいといわれている、コロラドタイプです。

全体的に丸みを帯びていて、水の当たる表面積が広めですよね。

比較的厚みがあって後方重心なので、キャストしやすい利点があります。

それからコロラドタイプをやや細めにしたリーフタイプも、よく使われるスプーンルアーでしょう。

早巻きでもあまりバランスを崩さないのが特徴です。

おすすめスプーンルアーをチェック・ウィローリーフタイプ

スプーンルアーの中でウィローリーフタイプは、真横から見るとS字の形をしているのが特徴です。

この湾曲形状に水を受け流すので、スローリトリーブでもしっかりとしたアクションを発生させてくれますよ。

飛距離も伸びるので、初心者の人でも扱いやすいスプーンルアーといえるでしょう。

おすすめスプーンルアーをチェック・ティアドロップタイプとベンダータイプ

ティアドロップタイプのスプーンルアーは、コロラドタイプの前後をもっと縮めた形。

小粒でまんまるなイメージですから、ヒラヒラと舞い落ちるようなアクションを得意とし、リトリーブすれば水面直下まで浮き上がりやすくなっています。

くの字に曲がっただけのシンプルなデザインのベンダータイプは、キャストしやすくてただ巻きするだけで、左右へのウォブリングアクションを発生してくれるアイテムです。

ライトソルトゲームの中層からボトム付近をリトリーブしていると、ロックフィッシュがバイトしてきたりするので楽しいですよ。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング