バス 写真

雨が続く季節にバスを釣るにはどうすればいいの?冠水した植物を見つけよう

FISHING JAPAN 編集部

雨降りの日が多くて、釣り場の状況が刻々と変わっていきます。

少し木の下で雨宿りしていただけなのに、水位が上がって一面マッディーウォーターになっていることも。

そんなとき、どうやってバスを釣ればいいのでしょう?

雨が降り出す兆候に敏感になろう

その前に、雨が降り出す兆候を釣り人なら素早く感じ取りたいものです。

吹いていた風が急に止んだら、空を見上げてみましょう。

山に近い位置に雲が下がっていたり、ボコボコと雲の表面が均一でなくなっていたら、もうすぐ降り始めるサインだと判断してください。

雷は危険!

このとき、雷の鳴る音が聞こえたら、釣り自体を中止して水辺から離れてください。

雷は、とても危険です。

釣具にはカーボン繊維を用いたものが多いですから、雷を引き寄せる可能性があります。

雨の日は釣れる!のを信じるのはOKですが、無理をして続けるのはダメですよ。

インレットに走るなかれ

さて、雷の危険がないことを確認したら、雨の降る水面を見つめてください。

雨が強くなるほど、水に濁りが入ります。

「こんなときはインレット=流れ込みでしょ!」という人がいますが、意外と空振りに終わることが多いもの。

インレットへ向かう前に、やってほしいことがあります。

冠水した植物を探そう!

それは、岸際にある冠水した植物を見つけることです。

雨によって岸際に出来た、新たなカバーだと考えてください。

濁りを伴なった水中では、その見えにくさを解消するために、バスはカバーに身を寄せてとどまることがあります。

ということは、冠水植物そのものが、バスの居場所を示してくれていることになるわけです。

冠水植物に向かってキャストするルアーは、小さくて軽いものがおすすめです。

植物に絡めてぶら下げるような使い方から始めてみましょう。

重いルアーではぶら下がりませんからね。

雨しずくが水面を叩くリズムより、速めにルアーで水面に波紋を作り続けてください。

ルアーを水面から3センチほど上げて、ぶら下げておく時間も入れると効果的ですよ。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング