ルアー 写真

イヴォーク3.0は2019年新発売のヘビーカバー攻略に適したクランクベイト!

FISHING JAPAN 編集部

2019年デプスから新発売されるイヴォーク3.0は、バス釣り用クランクベイトです。

特にヘビーカバーをテンポよく攻略していくのに向いていますよ。

その特徴やカラーをご紹介しましょう。

イヴォーク3.0ってどんなクランクベイトなの?

イヴォーク3.0は、ボリューム感のあるバス釣り用クランクベイトです。

サイズは全長80ミリで、自重はなんと28.0グラム。

当然その体積は大きく、接触して姿勢を崩してもすぐに立ち直るレスポンス性能を持っています。

イヴォーク3.0は高浮力バランス

このクランクベイトの内部構造からは、余計な仕切り板が排除されています。

その分体内空間が確保され、絶妙な浮力バランスを作り出すことに成功していますよ。

ハイピッチなアクションを出せるのは、この設計のおかげでしょう。

固定ウエイト+低重心仕様

イヴォーク3.0には、重心移動システムは搭載されていません。

固定重心にして、お腹部分の最も外側に貼り付くようにウエイトが設置されています。

それによりアクションにキレが生まれ、飛距離も伸びるようになっていますよ。

テンポの良い手返しを実現

このクランクベイトは、低重心ウエイトと高浮力ボディにより、直進性の高いスイミングを可能にしています。

リップがカバーに当たっても、姿勢をすぐに復元できるので、大振りなヒラ打ちを抑えます。

当然カバーすり抜けスピードが早くなり、効率の良い手返しが生まれるのです。

イヴォーク3.0には、全部で8種類のカラーが用意されています。

ギルに似せたカラーやチャート系・クロー系・クロム系などがラインナップ。

2019年の11月に発売予定ですから、早くフィールドでフルキャストしてビッグバスの反応を見てみたいですね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング