草 写真

草をクッションに用いてルアーを着水させてみよう!バス釣りトップウォーターの楽しみ方

FISHING JAPAN 編集部

草が水面近くに群生しているのを見つけたら、迷わずルアーを乗せてください。

「えっ、水面に着水させるんじゃないの?」

そうです、水面に直接投げ込むのを止めてください。

そうするだけで、釣れるバスの数がアップするでしょう。

水辺の草を探そう!

バス釣りに出かけて水辺を見渡すと、必ず草が冠水しているところがあります。

冠水していなくても、水面近くにまでせり出した草があれば、バス釣りに活用できますよ。

例えば、トップウォーターの釣り。

トップウォータープラグは、どれも一定以上の重さを持っています。

よく飛んでくれるのはいいのですが、着水時にバシャン!ドボン!という音が発生しがちですよね。

音に細心の注意を!

ルアーが着水する際に発生する音は、近くに潜むバスがルアーから受ける最初の刺激になります。

それが石を投げ込んだような音だとしたら、要らぬ警戒心を膨らませてしまう原因になりかねません。

釣りはとてもシンプルな事象の積み重ねですから、余計なものはできるだけ省くようにしましょう。

草をクッションとして活用する方法

10グラムを超えるようなトップウォータールアーなら、草のクッションを利用した着水操作をおすすめします。

やり方はカンタン、いつもより少し長い距離をキャストすればいいのです。

水面より向こうにある草の上にルアーを着地させたら、ロッドをタテ方向に持ち上げてください。

ラインの重みを利用する

ロッドをタテ方向に持ち上げるだけで、ラインの重みがルアーに伝わります。

ラインにじわりと引っ張られるカタチになり、草のクッションから滑り落ちるように、ルアーが水面へ入るでしょう。

その際の音は、空中から直接着水させるよりも、格段に静かでナチュラルなものとなります。

それに警戒心は抱かず、代わりに興味を示すバスの姿を見ることができるでしょう。

草の上にキャストするルアーは、草から引き出しやすいものがおすすめです。

フックの数はできるだけ抑えて、より静かに着水させられそうなものを選ぶようにしてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング