バス ルアー 写真

フィンズバグで表層カバーエリアを攻略!パンチングでビッグバスをゲット

FISHING JAPAN 編集部

ダイワからリリースされているバス釣り用ワーム・フィンズバグを使って、カバー周りを攻略してみましょう。

テキサスリグやフリーリグ・直リグなどにセットして、パンチングでアプローチしたいですよね。

ヒシモなどの水面を覆うカバーの下に隠れているバスに、しっかり誘いをかけることができます。

フィンズバグってどんなワームなの?

フィンズバグは、フラットなボディ形状が特徴のバス釣り用ワームです。

ブルーギルに似せたフラットワームは、各社から発売されていますが、このワーム自体はブルーギルそっくりというわけではありません。

この形状、どちらかといえばカバーのすり抜けに効果的な印象を受けます。

フィンズバグでヒシモ・ホテイアオイが群生するカバーエリアを攻略しよう!

バスが潜むカバーといえば、ウィード群が挙げられます。

中でも水面を覆い尽くしているヒシモ・ホテイアオイなどのウィードは、太陽光を程よく遮り、バスに安住の地を与えていますよ。

そんな好条件のエリアなら、大型に育ったバスに出会えるかもしれません。

テールに注目

フィンズバグのテール部分は、極薄に仕上げられています。

極薄ウェーブテールと名付けられていて、わずかな水流に当たっただけでも揺れて生命感を溢れさせる効果が期待できます。

しっかり留め置きながらもバスを誘えるのは嬉しいですね。

パンチングのやり方

パンチングでは、ウィードを貫いてバスの居場所を直接叩きます。

ただし、派手な音は絶対ダメ。

着水音は抑えて、できるだけ丁寧にリグを落とし込むようにしましょう。

表層のウィードを突き破ったところで留め置くアプローチも、底まで落として留め置くアプローチも、どちらも有効です。

その静止させている間にも、ゆらゆらと揺れ動いてバスを誘えることが重要で、極薄のテールやレッグパーツが役割を担ってくれるでしょう。

フィンズバグには、10種類のカラーがラインナップされています。

ジュンバグに始まる定番カラーばかりですから、安心して使うことができますよ。

タックルはヘビーなものを用意、ウィードの抵抗に負けないような太いラインも必要となります。

まだまだ表層カバーが残っていますから、パンチングアプローチを試しに釣り場へ出向いてください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング