リール 写真

スティーズCT SVを使ってみた!ダイワ最新ベイトリール注目のユーザー評価

FISHING JAPAN 編集部

スティーズCT SVは、ダイワより発売中のベイトリールです。

バス釣りはもちろん、ライトソルトゲームやロックフィッシュゲームにもユーザーが多いですよ。

その理由は、やはり直径30ミリのコンパクトスプールと、バックラッシュを抑えたブレーキシステムにあるでしょう。

スティーズCT SVとは

スティーズCT SVは、ダイワオリジナルのTWSを搭載した最新ベイトリールです。

キャスト時にレベルワインダーが前方へ倒れ込み、ライン放出で発生する摩擦を低減できるのです。

これにより飛距離が伸びますし、軽いルアーでもキャストか可能になります。

軽量+コンパクト設計のスプールに注目

キャストに深く関わる要素がもうひとつ、スティーズCT SVのスプールに注目してください。

なんと直径が30ミリしかない専用SVスプールを搭載しています。

これにより、スプール回転の立ち上がりが極めてスムーズで、軽量なルアーでも伸びやかに飛んでいきますよ。

例えば、アジング用のジグ単でも、軽いチカラでトラブルなく飛ばすことができるのです。

動画では、ダイワのフィールドテスターが使用インプレを公開していますので、ぜひ参考に。

スティーズ CT SV TW700Hのユーザーインプレ

ダイワ(DAIWA) ベイトリール スティーズ CT SV TW 700H 2019モデル

ダイワ(DAIWA) ベイトリール スティーズ CT SV TW 700H 2019モデル

参考価格:¥51,199

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

メカニカルブレーキは出荷時のまま、ラインはフロロ 10lb、ブレーキダイヤルは8くらいで全くバックラ無し。本体が小さいため掌でしっかり包み込め、非常に軽くこともあり一日キャストしても疲れない。スプールが小さいのでラインのヨレが若干気になるくらい。

出典:アマゾン

スティーズCT SV TW700Hは、右巻きタイプです。

ギア比が6.3対1ですが、ハンドル1巻きで59センチと、ややローギアのベイトリールに近い巻き取り量になっています。

クランクベイトやシャッドプラグのステディリトリーブに使うのに、丁度いいかもしれませんね。

自重150グラムですから軽くて扱いやすいので、集中力を切らさずに使えそうです。

スティーズ CT SV TW700HLのユーザーインプレ

ダイワ(DAIWA) ベイトリール スティーズ CT SV TW 700HL 2019モデル

ダイワ(DAIWA) ベイトリール スティーズ CT SV TW 700HL 2019モデル

参考価格:¥53,037

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

軽い、小さい、タフ、よく飛ぶ、バックラ少ない文句なし。
ただ 糸巻き量がもう少し欲しかった。

出典:アマゾン

スティーズCT SV TW700HLは、左巻きタイプです。

右利きのアングラーならその利き腕でロッド操作ができるので、リール本体の軽さも手伝ってフッキング動作を俊敏におこなえるでしょう。

ハンドルの長さが80ミリと短めですから、ヒジを使わずに手首を回すだけでハンドル操作を実行できるのが嬉しいですね。

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

スティーズ」カテゴリの人気記事

ct sv」カテゴリの人気記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング