ウィード 写真

ウィード攻略にはどんなルアーが適しているの?フッキング効率優先のおすすめルアー

FISHING JAPAN 編集部

池や湖に広がるウィード、水中カバーとしてバスの格好の居場所になっています。

待機しているだけでなく、エサ場としても活用しているようで、ウィードエリアでは時おり水柱が上がっているのを見かけます。

ここではどんなルアーを使えばいいのでしょう?

ウィードを引っ掛けて状況を壊したくない

通常のトレブルフック付きのルアーを投入すると、カンタンに藻ダルマ状態になってしまいます。

強く引っ張ればウィードが切れて、ルアー自体は回収できるのですが、それではせっかくの釣り場を壊してしまうことに。

ルアー選びを慎重におこなわなければなりませんね。

中空フロッグならウィードをかわしてくれそう

すぐに頭の中にイメージできるのは、引っ掛かりにくいタイプのルアーです。

例えば、中空フロッグ。

フックポイントが上を向いて、ボディで隠してくれていますから、カンタンにはウィードに引っ掛かりません。

フッキングの効率を重視したルアー選び

でも中空フロッグは、引っ掛かりにくいがゆえにフッキングにも至らないケースが多いのです。

せっかくのバスのバイトを有効に扱いたいですから、フッキング効率の良いルアーを選びたいですよね。

となると、おすすめのルアーは2つです。

おすすめルアー

1つめのおすすめルアーは、細身のストレートワームです。

テキサスリグやノーシンカーリグにセットして、ウィード群の隙間に差し入れたり、上にふわりと落としていくイメージで操ってみましょう。

ウィードに引っ掛かっても、ロッド操作でカンタンに外せるところがメリットです。

オーエスピー ドライブスティック Feco対応 4.5inch OSP DoLive Stick 【1】

オーエスピー ドライブスティック Feco対応 4.5inch OSP DoLive Stick 【1】

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

オフト(OFT) ルアー レーベル ポップRプラス P61 G253 Purple Shad

オフト(OFT) ルアー レーベル ポップRプラス P61 G253 Purple Shad

参考価格:¥1,000

Amazonへ

Yahoo!ショッピングへ

もうひとつは、あえてトレブルフックの付いたハードルアーを水面に浮かべ、下からバスが突き上げてくるのを待つアプローチです。

そのためのルアーとして、移動距離少なめなポッパーをおすすめしますよ。

ラトル入りのほうが干渉音でバスを呼び込むことも可能ですから、積極的に活用してみましょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング