リール 写真

MR750は2019年新発売の穴釣り専用スピニングリール!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワから新発売されるMR750は、小型軽量なスピニングリールです。

穴釣りに適しているサイズなので、バーチカルに仕掛けを落とし込むのに使ってみましょう。

その特徴を詳しくご紹介します。

MR750ってどんなスピニングリールなの?

MR750は、小型で軽量なスピニングリールです。

自重は165グラムで、ギア比は5.1対1。

ハンドル1巻きで、約58センチを巻き取ることができます。

穴釣りなら、巻きアワセがバッチリ決まりそうな巻き取り量ですよね。

MR750のベアリング数をチェック

このリールには、4つのボールベアリングと1つのローラーベアリングが組み込まれています。

スムーズに巻き取れることで、手返しがアップしますね。

最大ドラグ力は、3キロに設定。

穴釣りで大物が掛かっても、穴から余裕で引き出せるでしょう。

折りたたみ式のアルミマシンカットハンドルを搭載

MR750には、折りたたみ式のアルミマシンカットハンドルが搭載されています。

45ミリのマシンカットハンドルは、安定した巻き上げをもたらしてくれるでしょう。

また折りたたみ式なので、持ち運びするときにとても便利です。

Iシェイプノブが採用

このリールのハンドルには、Iシェイプノブが採用されています。

とても握りやすいので、丁寧で繊細な巻き取りを実践できるでしょう。

魚からのアタリがあったときも、しっかりチカラを込めてグリップできますよね。

MR750のラインキャパは、ナイロン2号なら60メートル巻くことができます。

穴釣りにはじゅうぶんな長さですよね。

メーカー希望販売価格が5500円というのも、コスパ優秀で人気が高まるでしょう。

2019年の11月に発売予定、この冬の穴釣りに間に合いますね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング