ルアー 写真

パイロン84を使って広範囲に散っているクルーズバスを誘ってみよう!

FISHING JAPAN 編集部

ハイドアップから発売中のパイロン84は、バス釣りで活用するペンシルベイトです。

独特の反りデザインが個性的ですよね。

まるで往年のヘドン・ソリザラを彷彿とさせてくれます。

その詳しい特徴や水中アクション動画をチェックしてみましょう。

パイロン84ってどんなペンシルベイトなの?

パイロン84は、ペンシルベイトにミノーの要素を盛り込んだ、ハイブリッドなルアーです。

サイズは全長84ミリで、自重9グラム。

とても扱いやすいウエイトバランスに仕上がっていて、レスポンスのキレの良さが際立ちます。

パイロン84の浮き姿勢は80°

このペンシルベイトは、逃げ惑うベイトフィッシュに似せたダイブアクションを繰り出します。

その後にスローに浮き上がる設定に。

水面での姿勢は80°、そこから振り幅をタイトに抑えるセッティングになっていますよ。

広範囲のチェックはもちろん、ピンスポットでもしっかり誘いをかけられます。

アタックボールバランサーを搭載

パイロン84には、アタックボールバランサーが搭載されています。

2つのウエイトルームにアタックボールが入っていて、前後・左右にボールが移動できるようになっていますよ。

ランダムに稼動するので、弱めのロッドワークでもルアーをアクションさせることが可能です。

遠投して広範囲のバスにアピール

このペンシルベイトに内蔵されているアタックボールは、重心移動の役割も果たします。

それにより遠投することができ、広範囲の散るバスに対しても、効果的にアピールすることが可能です。

秋のクルーズを開始したバスたちに、しっかりアピールするのに向いているでしょう。

パイロン84には、12種類のカラーがラインナップされています。

遠投しても視認性が良いので、バスからのバイトを見逃さずに済みます。

ベイトフィッシュのカラーに似たものを使うと、釣果にも反映されるでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング