バス 写真

水面に興味を持つバス!上を向いている確率の高いバスを攻略するにはどうすればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

ふと釣りをしている横を見ると、バスが浮いていることがあります。

さっきルアーをキャストして引いてきた辺りですが、キャストする前はバスの姿はありませんでした。

となると、自分が通してきたルアーに、バスがついてきたのでしょうか?

水面を意識しているバス

バスは、興味を持った対象に追従してくる習性があります。

100パーセント食い付くわけではなく、単についてくるだけなのです。

やはり自分より上、視線の先に存在する水面を、常に意識しているのでしょう。

生存可能な境界線

水面は、水中に棲む生き物にとって、生存可能な境界線です。

それより上には水がないので、息をすることも泳ぐこともできません。

バスはその唯一無二な場所を、本能的に特別なエリアだと理解しているのかもしれませんね。

水面の変化

水面をうまく利用すれば、狩りに役立つと気づいたバス。

小魚を捕食する際に、陸地の壁に追い込むのと同じように、水面という壁にも追い詰めるようになります。

その行為を繰り返すうちに、水面そのものの変化にも興味を持つことになったのでしょう。

繊細に丁寧に変化を作り出す

水面に変化をもたらすルアーを使いこなせば、バスを効率よく釣ることができます。

エサっぽく見せるのではなく、バスの視線を釘付けにするような、水面の変化を作り出しましょう。

手荒に作るのではなく、繊細に丁寧に仕上げていくことで、バスは警戒心を起こさず近寄ってくるはず。

そこをとらえればいいのです。

水面に変化をもたらすためのルアーは、数多く存在します。

まずは繊細に丁寧に変化させることの可能なルアーを選んでください。

波や音を発生させながら、バスが姿を現すのを待ってみましょう。

何度もルアーをキャストしていると、多くのバスが水面に浮き上がることも。

そういう展開になれば、釣り上げるのは時間の問題になります。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング