ジグ 写真

熱砂スピンビームTGを使ってサーフゲームを楽しもう!ヒラメはもちろん青物も

FISHING JAPAN 編集部

シマノからリリースされている熱砂スピンビームTGは、サーフゲームを楽しむための専用メタルジグです。

ヒラメやマゴチに加えて、秋の回遊青物を狙ってみましょう。

その詳しい特徴と水中アクション動画をピックアップしてみました。

熱砂スピンビームTGってどんなメタルジグか知ってる?

熱砂スピンビームTGは、サーフゲームで活用するための専用メタルジグです。

ウエイト設定は、42グラムのみ。

全長は68ミリですから、ベイトフィッシュサイズにジャストフィットしていますよね。

熱砂スピンビームTGにはタングステンがコンポジット

このジグには、タングステンがコンポジットされています。

ボディの最後尾部分に、高い比重のタングステンを配置することで、圧倒的な飛距離を生み出すことができますよ。

広範囲を探れる上に、レンジキープするのにも効果を発揮するでしょう。

左右にパタパタと揺れながら泳ぐ

熱砂スピンビームTGは、左右にパタパタとボディを揺らしながら泳ぎます。

その水押し効果やフラッシング効果で、ヒラメはもちろん青物も誘うことがてきますよ。

サーフゲームに強い味方ができましたね。

お腹側のフックが上に来て根掛かりを防ぐ

このメタルジグの注目すべき点は、お腹側のフックが下に来ない姿勢で泳ぐことです。

つまり、背中とお腹が上下ひっくり返って泳ぎますから、ボトムにフックが引っ掛かってしまうのを防ぐことができますよ。

熱砂スピンビームTGには、計13種類ものカラーが用意されています。

その日の日照や潮の状態をチェックして、カラーローテーションするようにしてください。

ベイトフィッシュのカラーに合わせるのも、とても効果的です。

しっかり遠投して、沖のボトム変化もトレースしてみたいですね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング