ジグ 写真

ジャックハンマーに2019年追加カラーが仲間入り!アメリカのバストーナメントを席巻

FISHING JAPAN 編集部

ジャックハンマーは、エバーグリーンから発売中のブレーデッドジグです。

2019年には新しいカラーが追加ラインナップされますよ。

その特徴やトレーラー別水中アクション動画をピックアップしてみました。

ジャックハンマーってどんなルアーなの?

ジャックハンマーは、ステンレスブレードの付いたブレーデッドジグです。

ウエイト設定は4種類、今回新しいカラーが追加されるのは、3/8オンス・1/2オンス・3/4オンスのみです。

リトリーブしながらブレードの振動を手元で感じつつ、カバーやストラクチャーに潜むバスを攻略してください。

ジャックハンマーは清水盛三とブレットハイトの共同開発

このルアーは、人気バスプロの清水盛三と、アメリカのトップトーナメンター・ブレットハイトの共同開発によるものです。

アメリカでの高評価は、トーナメントの上位入賞者がこのルアーを利用していることが理由になっていますよ。

さまざまなワームをトレーラーにして、独自のアクションを作り上げる楽しみがあります。

低重心の扁平ヘッドを採用

ジャックハンマーには、低重心の扁平ヘッドが採用されています。

カバーに当たってヒラを打ったときの、立ち直りの早さを生んでいます。

またスキッピングなどのキャストもやりやすいでしょう。

ワイヤーキーパーがダブルで装着

このルアーの軸には、ワイヤーキーパーがダブルで付いています。

トレーラーとして装着したワームがカンタンに脱げてしまわないための工夫ですね。

フォローに瞬間接着剤を付けておくと、ほぼトレーラーがズレないように仕上げることができます。

ジャックハンマーの追加カラーは、3種類です。

●ブレットホットクロー

●ブレットブルーギル

●ゴールデンシャイナー

どれもアメリカで実績を残したカラーですから、安心してキャストを繰り返してみましょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング