ルアー 写真

オールドヘドンの人気ルアー・ラッキー13で秋バスを釣ってみよう!

FISHING JAPAN 編集部

ヘドンといえば、バス釣りをやったことのある人なら耳にしたことがあるでしょう。

1世紀前からアメリカでルアーを作り続けてきた老舗メーカーです。

そのヘドンが世に出してきた数あるルアーの中で、最も人気があるといわれているのが、ラッキー13です。

ラッキー13とは

ラッキー13は現行品としても作られていて、スミスから原点回帰シリーズとしてリリースされました。

外観はほとんど変わらずカラーも復刻、ユーザーをじゅうぶんに満足させていますよ。

「でもさ、ラッキー13で釣ったことがないんだよなぁ~、、」

こういう声もよく聞きますから、ここではラッキー13の使い方を詳しく解説しましょう。

ラッキー13の使い方

まずは画像を見てください。

水面に落ち葉が漂っていますよね。

これがそのまま浮き続けているということは、さほど流れがなく風も受けていない場所だと想像できます。

そこにラッキー13をキャストしてください。

あえて動かさない

着水したラッキー13、流れも風もなければ、その場でただ浮いています。

実はこの状態が最も効果的なのです。

知らないうちにバスが真下まで近寄ってきて、プチュッ!と吸い込み・甘噛みバイトをしてきますよ。

その理由は何だと思いますか?

水平姿勢

実は、ラッキー13の浮き姿勢にあります。

ラッキー13は、フローティングルアーですから水面に浮かびますが、その際の姿勢は水平です。

水平姿勢で浮くことで、その全長とボリュームがどれほどのものか、バスにストレートに伝わるのです。

このシンプルさが、バスの興味を膨らます要因になっていますよ。

スミス Heddon 原点回帰シリーズ ラッキー13 S

スミス Heddon 原点回帰シリーズ ラッキー13 S

最安値価格
¥1,485(amazon)

Amazonへ ¥1,485

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥1,600

それからもうひとつ、ラッキー13は先端が凹んで口のようになっているので、そこで水を受けステイするのが容易です。

同じ場所に水平姿勢で居続けることで、無防備さを演出できるわけです。

キビキビと首振りアクションをするルアーの対極といえますが、ボリュームによる水押しはしっかりしているので、そこに無防備さが加わると、バスはバイトせずにはいられなくなるようです。

ラッキー13をキャストしても動かし過ぎずに、浮遊する落ち葉やウィードを時おり押すくらいのアクションを与え続けてみましょう。

回収は極力避けて、漂わすことに専念すれば、ビッグバスに出会える確率は上がるでしょう。

スミス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング