金森隆志とバスのアップ写真

金森隆志特集!レイドジャパンを主宰するバス釣り業界の革新アングラー

FISHING JAPAN 編集部

金森隆志さんは、バス釣りの上手いアングラーとしてメディアに取り上げられ、ルアータックルメーカー・レイドジャパンを設立するまでに至った、他のバスプロとは異なる経歴の持ち主です。

地方の釣具店で働きながら、メガバスのスポンサーを受けつつ活動していたのが初期のころ。

当時からしゃべり口調が個性的で、しかも分かりやすく丁寧に釣りを解説できるところが注目のマトになっていました。

金森隆志さんが立ち上げたレイドジャパンは超人気メーカーに

金森隆志さんがメガバスのルアーやロッドを使うことで、双方の人気が高まっていきました。

そこから自分でタックル・モノづくりに挑戦したいみたい!という希望が膨らんでいくことになったのでしょう。

2010年にメガバスから離れたのをきっかけに、自分でルアーメーカーを主宰することに。

レイドジャパンの誕生は、必然の流れの中にあったといっても過言ではないでしょう。

オカッパリの名手・金森隆志さんの実釣動画はこちら

金森隆志さんがリリースするルアー

金森隆志さんがレイドジャパンとしてリリースするルアー群には、一貫したシンプルなコンセプトが宿っています。

それは「レベル」という言葉に含まれた、水平姿勢を重視したルアー作りです。

バスがバイトするかどうかを最終判断する要素に、レベルが必ず介在することを彼は体感していたのでしょう。

当然それを製作するルアーに活かそうと試み、見事に具現化しています。

ユーザーの満足度が高いのも、そういうルアーでバスを手にしているからに違いありません。

ルアーの操り方が繊細・丁寧な金森隆志さんをチェック

金森隆志さんプロデュースのおすすめルアー①デカダッジ

金森隆志さんがリリースしたレイドジャパンのルアーから、おすすめのアイテムをご紹介しましょう。

まずはデカダッジ、水面をパタパタと泳ぐクローラーベイトです。

実際に使ってみると、スローにリトリーブするのがとても楽で、バスが近寄ってくるのが見えます。

そしてバイトに至るまでをドキドキしながら迎えられるのが、このルアーの魅力でしょう。

レイドジャパン デカダッジ シマナシタイガー

レイドジャパン デカダッジ シマナシタイガー

参考価格:¥5,350

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

クローラーベイト、つまり羽根モノと呼ばれるルアーは、集魚効果が高いことで知られています。

左右に大きく広げたウイングパーツで水面をかき回し、通常のトップウォータールアーではあり得ないほどの攪拌をもたらしますよ。

それが強い波を発生させ、バスが表層を見上げるきっかけを作り出すのです。

「んん、何か水面にいるな?」

「エサにしては大きいぞ。もしかすると他のバスがエサにありついたのかもしれない。」

こんなふうにバスが考察するかどうかは分かりませんが、少なくとも我れ先にエサを獲ってしまおうという習性が強ければ、他のバスを押し退けてでも表層にいる何かに対して行動を起こすはず。

こういうバイト誘発をアングラー側のタイミングで発動させやすいのが、クローラーベイトの特徴といえるでしょう。

そしてその代表格であるデカダッジなら、ウイングによる水の攪拌が強いだけでなく、何度も小刻みにタッチするような波動の発生に仕上げられています。

まるでウイングで水面を優しく撫でるかのようなタッチフィーリングが、神経質なビッグバスをも惹き付けるのでしょう。

また、トレブルフックに付いているフェザーも、着水時の緩衝材の役割を果たしていますよ。

結構大きなボディにも関わらず、激しい着水音にはなりにくいですし、何よりトレブルフックの存在を隠すことで、バスが積極的に接近してくる印象を受けます。

こういう細やかな配慮が盛り込まれているところにも、金森隆志さんの性格が如実に表れていて好感が持てますよね。

金森隆志さんプロデュースのおすすめルアー②レベルシャッド

次にピックアップするのが、レベルシャッド。

4.3グラムと軽量にも関わらず、じゅうぶんな飛距離を生んで広範囲をチェックできるシャッドプラグです。

タイトな振幅がロッドを持つ手にも伝わってきて、その変化の兆しがバスのバイトであることを分からせてくれるのが嬉しいですね。

レイドジャパン LEVEL SHAD LSD020. INAZUMA CHART

レイドジャパン LEVEL SHAD LSD020. INAZUMA CHART

参考価格:¥1,427

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シャッドプラグは、バスを振り向かせ引き寄せるのが目的のルアーではありません。

バスの居場所を直撃し、その口元でリアルさを溢れさせることで、思わず口を使わせてしまうようなバイトを拾うための釣り道具です。

金森隆志さんが作ったレベルシャッドは、その点をよく理解してじゅうぶんな機能を盛り込んだルアーに仕上げていますよ。

まず、一般的な50ミリサイズのシャッドプラグと比べて、よく飛びます。

飛距離が伸びれば、その間に潜むバスを直接叩くことが可能になり、釣れる機会が一気にアップするでしょう。

水中におけるアクションを見てみると、かなり細やかで素早いピッチを繰り返しています。

これはベイトフィッシュが、実際にバスに追われている際に起こすアクションと酷似しているので、バスの捕食モードにスイッチを入れるきっかけとなるのは間違いありません。

しかも、そこから早巻きをしてもボディが回転してしまうことなく、しっかりとスイミング姿勢をキープしながら、一定層をトレースすることができるのです。

もし、バスがサスペンドしている少し上の層を泳がせることができれば、いきなりバイトしてくる可能性はとても高くなります。

ワームで粘ってもなかなかバイトにつながらないときなどに、このレベルシャッドを試してみてはいかがでしょうか。

飛距離を伸ばしたい人は、ライトラインを使ったスピニングタックルがおすすめ。

カバー周りを太いラインで攻めたい人は、ベイトフィネスタックルでキャストを繰り返してみましょう。

金森隆志さんプロデュースのおすすめルアー③レベルバイブブースト

レベルバイブブーストは、極薄ソリッドボディを採用したバイブレーションプラグです。

コンパクトでありながら飛距離を稼ぎ出し、ハイピッチなアクションを繰り出してくれますよ。

ナチュラルで柔らかい振動は、他メーカーのバイブレーションと一線を画す仕上がりです。

レイドジャパン (RAID JAPAN) LEVEL VIB BOOST 14g (レベルバイブブースト 14g) チギル

レイドジャパン (RAID JAPAN) LEVEL VIB BOOST 14g (レベルバイブブースト 14g) チギル

参考価格:¥1,375

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

レベルバイブブーストを実際に使ってみたインプレは、とても繊細にナチュラルにアプローチできるという印象です。

よく似た形状に、メタルバイブレーションがありますよね。

あれは鉄板で出来ていますから、リフトしてもすぐにボトムまで落ちてしまいます。

それがリアクションバイトを生むこともあるでしょうが、実際はバスの目線から消えてしまっているケースが頻繁に起こっていますよ。

バスから見えていなければ、誘いようがありません。

その点、このレベルバイブブーストは、素材にABS樹脂ボディを採用して、比重を低いものに抑えて作られています。

それにより、手首を持ち上げるだけのリフトアップにもリニアに追従。

そこからヒラリと舞い落ちるかのようなアクションを発生させられるので、バスが気づきやすいといえるでしょう。

ほんの少しのリフト&フォールでも、しっかりとアピールすることができれば、バスが見つけやすくなるのは当然です。

使うアングラーそれぞれの操作方法を編み出して、スレ切ったバスをバイトに持ち込めるようになりたいものです。

最大11グラムまでのウエイトがラインナップされていますし、派生モデルのヘビーウエイトモデルでは、14グラム・18グラムが追加されました。

これで広範囲をくまなくチェックすることも可能ですね。

金森隆志さんにまつわる話題をチェック

金森隆志さんといえば、ノースフェイスのジャケットでしょう。

彼が出演するDVDでは、ほぼ必ずといっていいほど、ノースフェイスのジャケットを着用していますよね。

お気に入りなのは間違いないでしょうが、それをマネするアングラーも増加中で、よくバスフィールドでノースフェイス軍団が釣りをしているのを見かけるようになりました。

原色の赤ジャケットがズラリと並んでオカッパリをしている風景は、なかなか圧巻です。

また、金森隆志さんといえば、乗っているクルマがトヨタのランドクルーザーであることは有名です。

レクサスLXじゃなかったんですね、そういえばキャデラックのエスカレードに乗っていたころもあったようです。

日本中を駆け回るなら、ランドクルーザーは素晴らしい機動性と積載能力を発揮してくれるでしょうし、なんといっても壊れませんからね。

金森隆志さん率いるレイドジャパンの動向から目が離せない!

金森隆志さんは、日本を代表するバスアングラーです。

その影響力は大きく、今後の動向にも注目が集まるでしょう。

彼が主宰し数多くのルアーをプロデュースしているレイドジャパンのアイテムも、依然人気の的になるのは間違いありません。

なぜここまでアングラーからの支持を集めているのか、その理由はとてもシンプルです。

彼がオカッパリでのバス釣りを最重視し、その通りに活動し続けているからでしょう。

バス釣りを趣味としている一般アングラーが求めているのは、バストーナメントで優勝できるルアーではなく、身近な釣り場で1匹のバスに出会えるノウハウやメソッドなのです。

そこに寄り添ったアイテムとともに金森隆志さんが存在する以上、人気がかげることなどあり得ません。

もっと魅力的で分かりやすい釣り道具を、リリースし続けてもらいたいですね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング