エギ 写真

餌木蔵(えぎぞう)は2019年新発売のショアエギング専用エギ!

FISHING JAPAN 編集部

メジャークラフトから2019年新発売される餌木蔵は、エギングシーンを熱くするイカ釣り専用エギです。

シンプルなデザインに、エッジの利いたシンカーが装着。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

餌木蔵ってどんなエギか知ってる?

餌木蔵は、エギングを楽しむために作られたエギです。

サイズ設定は3種類、2.5号・3.0号・3.5号の中から選べるようになっていますよ。

2.5号で沈下速度毎秒4.2~4.4メートル、3.0号で毎秒3.8~4.0メートル、3.5号で毎秒3.4~3.6メートルです。

餌木蔵はシャープノーズデザインを採用

このエギは、シャープノーズデザインを採用しています。

水切れのいい形状に先端部分がデザインされていますから、キレのいいダートアクションをカンタンに繰り出すことができます。

エギング初心者の人でも、ダートさせることが可能でしょう。

エッジシンカーを装備

餌木蔵には、エッジシンカーが装着されています。

これによりバランスのとれたフォール姿勢を生み出し、イカが抱き付きやすくなっています。

水切れもいいので、アクションをつけやすいのもメリットでしょう。

日本製カンナで刺さりバツグン

サイドエッジボディに仕上がっているので、フォールするときの姿勢が安定します。

最後尾のカンナは日本製で、細軸+フッ素コートにより刺さりが良くなっていますよ。

マットブラックに塗装し、イカが警戒心を膨らませないよう配慮されています。

餌木蔵のカラーは全部で11種類、定番のオレンジ・ピンクにアジカラーも揃っています。

下地のテープには、金・銀・虹・赤が採用されているので、イカが高い反応を示してくれるでしょう。

エギをじっくり見せながら、ラインのフケや走りでバイトを確認するようにしてください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング