セミ 写真

溺れていたセミを助けた!水面に虫が落ちる季節にどうやってバスを釣ればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

気温が下がって夏の気配がなくなると、釣り場周辺に棲む虫たちにも勢いがなくなってきます。

例えば、セミ。

落水して水面でバタバタしているところを、よく見かけます。

手ですくって助けてあげるのですが、指に伝わる脚のチカラは弱々しいですね。

セミやカマキリが落水!

水面でもがくカマキリも、ひんぱんに見るようになりました。

カマキリの場合は、お腹に潜む寄生虫が水辺へいざなっているといわれていますが、本当のところはどうなんでしょう。

セミと同じく手足を動かしているので、細かな波動が発生して水面を揺らしていますよ。

虫が水面でもがくシーズンにバスを釣るには?

こういう虫たちの落水シーズンにバスを釣ろうと思ったら、どんなふうに釣りを展開すればいいのでしょうか?

カンタンに考えると、セミやカマキリに似たルアーを水面で動かせばいいのでしょうが、それで本当にバスが振り向くのか疑問です。

なぜなら、虫たちの周辺にはバスの影がないからです。

虫の周辺を観察すると・・・

落水した虫の周辺には、何が近寄ってきているのでしょう?

そういうシチュエーションに遭遇したタイミングで観察していると、平たい影が水中に表れましたよ。

どうやらギルのようですね。

ジークラック(GEECRACK) ビッグベイト ギリング125SP 125mm 38g ナチュラルスポーンギル #009 ルアー

ジークラック(GEECRACK) ビッグベイト ギリング125SP 125mm 38g ナチュラルスポーンギル #009 ルアー

最安値価格
¥2,939(楽天市場)

Amazonへ ¥3,080

楽天市場へ ¥2,939

Yahoo!へ ¥2,939

ギルを狙って近寄るバス

もしかするとバスは、水面でもがく虫たちよりも、近寄ってきたギルに興味があるのではないでしょうか。

試しにギルの外形をしたルアーを用意して、キャストし漂わせてみました。

すると、すぐにバイトが!

こんなに早くバスが釣れてしまうとは!

深い層に待機していたようで、下から突き上げるようなバイトをしてきます。

同じポイントで複数本獲ることができましたから、虫→ギル→バスの関連性は、かなり高いレベルでつながっていると見ていいでしょう。

ギルに似たルアーを秋のバス釣り場に、持ち込むようにしたいものです。

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング