ワーム 写真

エスケープツインに2019年追加カラーが登場!移動と静止のメリハリで誘う

FISHING JAPAN 編集部

ノリーズの定番ワーム・エスケープツインに、2019年追加カラーがラインナップされます。

一見ホグ系ワームに見えますが、その個性を決定付けているのは2枚の大きなパドルです。

その特徴や実釣動画をピックアップしてみました。

エスケープツインとは

エスケープツインは、バス釣り専用に作られたパドルテールワームです。

サイズは全長105ミリと、ひと口サイズよりちょっと大き目。

大きく見えるのは、2枚のパドルが装着されているからでしょう。

とても個性的で、キャストの際にも後方重心になるためによく飛んでくれますよ。

エスケープツインのパドルに注目

このワームの2枚のパドルは、とても分厚く出来ています。

それにより水押し効果が強くなって、バスへのアピール度が増しますよ。

水になびいてアクションするイメージは皆無ですから、他のワームとの違いは明白ですね。

横倒れを防いでくれるアーム

エスケープツインには、ボディ側面からアームが1対飛び出しています。

着底したときにワームが横倒れしない支えとなってくれますよ。

また先端がカールしていないので、カバーなどをカンタンにすり抜けてくれます。

移動を確実に素早くおこなえることは、釣りを展開していく上で大きなアドバンテージとなるでしょう。

実際に使ってみた

実際にこのワームを使ってみると、ボトムに落としてしばらく時間が経ってから、バイトが頻発するように感じます。

倒れ込みながら水をしっかり押して、周囲からバスを効率よく集めているのかもしれません。

カバーに絡んでから外すのも軽快におこなえますし、バスの居場所を探すのに適していますね。

エスケープツインに2019年追加されるカラーは、1種類です。

●ステインワカサギカラー

ベイトフィッシュに似た配色ですから、バスも迷いなく口を使ってくれるでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング