ロッド 写真

マジックシューターは2019年新発売の低弾性カーボンロッド!ナイスキャストがビシビシ決まる

FISHING JAPAN 編集部

ラインスラックから2019年新発売のマジックシューターは、バス釣り用のベイトロッドです。

6フィートと扱いやすい長さで、低弾性カーボンをメイン素材に作られていますよ。

その特徴や実釣動画をご紹介しましょう。

マジックシューターってどんなロッドなの?

マジックシューターは、バス釣りのキャスティングゲームで活用するためのベイトロッドです。

全長6フィートで自重なんと110グラム。

軽量化に成功したのは、素材にカーボンを使ったからでしょう。

マジックシューターの素材はカーボン

このロッドの素材には、低弾性のカーボンが採用されています。

グラスよりも軽く作ることができますし、パワーやトルクをしっかり持たせることも可能です。

キャストやバスが掛かってからのやり取りを、スムーズにおこなうための選択だといえるでしょう。

大口径のSiCリングガイドを標準装備

マジックシューターには、SiCリングガイドが標準装備されています。

これならどんなラインを使っても安心できますね。

大口径ガイドですから、ショックリーダーとの結び目の引っ掛かりも気になりません。

フックキーパー付き

このロッドのバット部分には、フックキーパーが付いています。

ルアーのフックをここに掛けておくと、移動のときにとても便利でしょう。

ちょっとした工夫が、バス釣りをより楽しいものに変えてくれます。

マジックシューターを使ったキャスティングの方法が、動画でレクチャーされています。

トップウォータールアーを投げるにはオーバーヘッドキャスト!といわれていた時代は、遠い昔になったようです。

着水音を抑えたキャストは、そのままバスが釣れる確率を上げてくれますから、ぜひ動画のキャスティング方法をマスターしてくださいね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング