ブッシュ 写真

濃いブッシュに潜むビッグバスをとらえたい!おすすめの攻略法を徹底研究

FISHING JAPAN 編集部

釣り場にはブッシュ=茂みが点在しています。

ルアーを投げ入れやすいブッシュもあれば、濃過ぎてためらってしまうブッシュも。

バスは間違いなく潜んでいそうですから、スルーしたくはないですよね。

ブッシュの攻め方

ブッシュの効果的な攻め方を考えてみましょう。

キャストしたルアーが引っ掛かってしまうのが怖いのなら、引っ掛からないものを選べばいいのです。

例えば、ノーシンカーリグにセットしたワームやラバージグ、スピナーベイトなど。

ショートバイトに対処するにはどうすればいいの?

でもそれらの共通点は、フックポイントが1つしかないこと。

もしブッシュに潜むバスがショートバイトしてきたら、フックに刺さらない・乗らないかもしれません。

ルアーを甘噛みするような小さなバイトでも、フッキングに持ち込もうと考えたら・・・。

バックスライド系ワームから試してみよう

まずはワームでアプローチしてみましょう。

そのほうが根掛かりしてブッシュそのものを潰してしまうことを防ぐことができます。

流行りのバックスライドタイプなら、ブッシュを巧妙にかわしながらバスを誘えるでしょう。

トリブルフック付きのハードプラグもキャストしてみよう

そのワームを甘噛みしてフッキングに至らないようなら、ハードプラグに切り換えてみましょう。

トレブルフックがぶら下がっているものなら、ショートバイトでもしっかり拾ってくれるはすです。

ただし、ブッシュにカンタンに引っ掛からない工夫が盛り込まれたハードプラグを探さなければなりません。

ノリーズのワーミングクランクショットやレイダウンミノー・ウェイクプロッププラスなら、リップのおかげでブッシュをかわしてくれますよ。

タイトに丁寧に誘いを繰り返しながら、バスを捕食モードに変えてしまいましょう。

音を聞かせると威嚇モードに切り換わることもありますから、ラトル音や金属の干渉音を奏でるハードプラグが適しているといえそうです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング