バス ルアー 写真

カバーに当ててバスを誘ってみよう!バンタム マクベス50の回避能力がスゴイ

FISHING JAPAN 編集部

バンタム マクベス50は、シマノから発売中のバス釣り用クランクベイトです。

全長50ミリで自重12グラムですから、小振りでキャストしやすいイメージですね。

実際に使ってみたインプレと、効果的な使い方をご紹介しましょう。

バンタム マクベス50ってどんなクランクベイトなの?

バンタム マクベス50は、頭部アゴ下部分にスクエアリップを搭載したクランクベイトです。

実際にリトリーブしてみると、水深80センチくらいまでは一気に進入する感じで、じゅうぶんに浮力が高いですね。

カバーに当ててみると独特のアクションを発生させますよ。

バンタム マクベス50はカバー回避能力が高い

このクランクベイトをカバーに当てると、前のめりの姿勢になり、上方へボディを跳ね上げながらかわしていく泳ぎを見せます。

跳ね上がる瞬間にぶら下がっている2つのフックも連動しますから、カバーから最も遠いところをフックが過ぎていくようになります。

これならカバーに引っ掛かる心配は要りませんね。

カバーに何度も当ててみよう

バンタム マクベス50がカバーに引っ掛かりにくいなら、何度もカバーに当てながら通すことが可能になります。

1度目や2度目は、驚いてカバーからバスが離れますが、そのうち興味を持って見に来ますよ。

その距離が詰まれば詰まるほど、ルアーにバイトする確率が上がるでしょう。

カバーにタイトに泳がせよう

カバーをすり抜けるときに、カバーからルアーが大きく離れてしまうと、バスのバイトが遠退きました。

ということは、ハードヒットするよりソフトヒットを心がけ、まるでカバーの上を這うような動きのほうが、バスに好まれるのかもしれません。

水質や水温が変わると反応が変わる可能性がありますから、オールシーズンでデータ取りをおこないたいですね。

バンタム マクベス50のリアフックは、ベリーフックよりサイズが大きくなっています。

具体的には、リアフック4番でベリーフックが6番。

これはカバー回避の際のバイトが、リアフックに集中する傾向があるためでしょう。

アゴの硬いビッグバスがバイトしてきても、このフックセッティングなら安心ですね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング