ジグ 写真

ソルティガSLジグSDは2019年新発売のスーパーディープ用スロージグ!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワより2019年新発売のソルティガSLジグSDは、中~深海を狙うためのスロージグです。

スロージギングシーンで求められる要素をしっかりと盛り込んでいますよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

ソルティガSLジグSDってどんなジグなの?

ソルティガSLジグSDは、スロージギングで活用するための専用メタルジグです。

ウエイト設定を見てみると、400グラム・500グラム・800グラムから選べるようになっていますよ。

深海エリアまでフォールさせて誘う手返しを考えながら、その日その場のベストウエイトを導き出してください。

ソルティガSLジグSDのバルバスバウ理論を採用したデザインが秀逸

このジグのデザインに注目してみましょう。

大きな船の先端部をイメージした、半球状の船首=バルバスバウの理論を採用しています。

ジグの先端がそういう形状に仕上げてあるので、無駄な造波抵抗を抑えて素直に引けるようになっていますよ。

実釣時における引き抵抗が、大幅に軽減されました。

高輝度グロー塗料を採用

ソルティガSLジグSDには、スーパーグローを使った高輝度塗料を採用しています。

深海エリアでも視認性が高くなり、魚の追いが向上します。

光の届きにくい層では、グロー塗料が効果的です。

安定したジャークやフォールを楽しめる

このジグは、安定したジャークやフォールが繰り出せるようになっています。

スロージギングではそういう誘いをかける要素をひんぱんに用いますから、長時間続けられるようにジグの形状はとても大切なのです。

セミロングサイズで造波抵抗を抑えた形状が効いているのは、同船した他の釣り人との釣果の差で実感できるでしょう。

ソルティガSLジグSDには、合計12種類ものカラーがラインナップされています。

ゼブラ模様にグローストライプを施したものや、片面のみグローにしてリアクションバイトを狙ったものなど、多岐に渡っています。

2019年10月に発売予定、深海で反応の強いカラーを見つけることができれば、それを軸にカラーローテーションを実施してみましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング