ルアー 写真

ワーミングクランクショットに2019年追加カラーが登場!カバーの奥をクランクベイトで攻略

FISHING JAPAN 編集部

ノリーズから発売中のワーミングクランクショットに、2019年新しいカラーが追加ラインナップされます。

本来ならワームのテキサスリグやガード付きラバージグなどで攻略する、カバーの奥からバスを引き出すためのクランクベイトです。

その特徴や追加カラーをご紹介しましょう。

ワーミングクランクショットってどんなクランクベイトなの?

ワーミングクランクショットは、カバーの奥のバスを獲るためのクランクベイトです。

いわゆるカバークランクというフレーズは、このルアーから生まれたといっても過言ではないでしょう。

サイズは全長48ミリで自重6グラム。

小粒なボディがグリグリとカバーの奥でアクションしてくれますよ。

ワーミングクランクショットの使い方

このルアーの使い方は、カバーの薄いところでは通常のリトリーブで通します。

カバーの濃いところでは、ロッドワークでワームのズル引きをするようにアプローチしますよ。

手元でカバーの変化を感じ取りながらリトリーブしてみましょう。

軽快にヒラ打ちを繰り返しながら、バスのリアクションバイトを誘発してくれます。

ワームにはないヒラ打ち効果

ワーミングクランクショットのヒラ打ちこそが、カバーに潜むビッグバスに効果的なのです。

ワームではそういうアクションは出せませんから、ビッグバスにつながらないケースが発生しやすくなります。

ここぞというポイントでビッグサイズを狙いたいときに、是非使ってみましょう。

リアフックにはトレブルフックの5番サイズを装備

ビッグバス対策のために、リアフックにはトレブルフックの5番サイズが装着されています。

ベリーフックのほうが小さいのも、このクランクベイトの特徴といえるでしょう。

アップテンポで探りつつ、濃いカバーに差し掛かったと判断したら、丁寧なロッドワークに切り替えてください。

ワーミングクランクショットには、追加カラーがラインナップされます。

●ナチュラルゴールド

●チャートブラックシャッド

●USグリーンシャッド

●パールリアルギル

2019年の10月に発売予定、秋のカバー周りでビッグバスをとらえたい人におすすめです!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング