岩 写真

硬い地質の岸際を見つけた!バスを釣るためにはどうすればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

まるでお城の石垣のような、岩が折り重なった岸際を見つけました。

そういう機会は、山あいのリザーバーへ足を運べば経験しますよね。

こういうシチュエーションにバスはいるのでしょうか?

いるとすれば、どのように攻略すればいいのでしょう?

バスのエサ場になりうる場所

岩などの硬い地質は、水が当たっても崩れませんし跳ね返します。

流れが当たるようなら、しっかりとヨレが発生し、小魚などが集まる要因となるでしょう。

とすれば、バスにとって格好のエサ場でしょうし、定期的に近寄っては捕食を繰り返すポイントにもなりうるのです。

バスはどうやって近づいてくるの?

バスはエサ場に対し、どのように近づくのでしょうか。

表層まで浮いて接近したら、その場にいる小魚に逃げられてしまいますよね。

そういう事態を引き起こさないように、一段深い層を選んで静かに接近するはずです。

我々釣り人は、そこを狙えばいいのです。

沈むルアーと浮くルアー

硬い地質の岸際は、ギリギリまで深場が接近しているケースが多く、バスが近寄りやすい要素を持っています。

それを利用するには、沈むルアーと浮くルアーを用意しましょう。

まずは沈むルアー、例えば高比重タイプのワームをノーシンカーリグにセットして、硬い地質を感じながら底目がけてフォールさせます。

そこにバスが潜んでいれば、バイトしてくるでしょう。

ポッパーでバスを呼び込む

沈むルアーでバスの反応かない場合、浮くルアーにチェンジします。

例えばポッパー、口部分が凹んでいますから、着水したその場でステイすることが容易です。

ときおり口で水を押しては居場所をバスにアピールすると、真下もしくは深い層を通って近寄っているバスを、捕食モードに切り替えることができるでしょう。

ポッパーを激しく動かしてしまうと、ポイントから離れてしまうことになります。

バスはこの硬い地質の岸際に追い込んで捕食したいのですから、それに沿うようにアクションさせなければ意味がありません。

じゅうぶんに時間をかけて、近づいてくるバスをルアーでとらえましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング