バス ルアー 写真

スカートで群れを表現してみよう!バス釣りにおすすめのスカートパーツの使い方

FISHING JAPAN 編集部

秋のバスは、ベイトフィッシュを追いかけてクルーズしやすくなっています。

捕食している対象が、細長くて群れになっているので、ルアーのほうも群れを表現できるものに変えてみましょう。

1つのルアーで群れ=複数の個体を表現するには、どうすればいいのでしょうか?

スカートを使いこなそう!

ルアーで群れを表現するのにバッチリなアイテムがあります。

それは、ラインスラックから発売中のフラットスカート。

平たくて細い樹脂短冊がいくつも合わさって出来ているので、水中に入った瞬間バラけて自発的にアクションしてくれますよ。

群れそっくりの動き

そのままリトリーブを開始すると、ルアーのウォブリングアクションに合わせて、スカート1本1本が艶かしく泳いでいるような動きを見せてくれます。

これぞルアーによる群れの表現、バスに見せると猛然とアタックしてきますよ。

捕食しなければ!という本能剥き出しになるので、豪快なバイトが多いですね。

クネクネアクションでバスを誘おう!

このスカートをボディの最後尾に装着したルアーもあります。

ボディが左右にくねると、それに追従してスカートもクネクネしますよ。

ワームでもなかなか難しいアクションを、いともカンタンに演じてしまうのが、スカートなのです。

スカートの使い方

スカートの使い方は、スローが基本。

放っておけば、水平から垂直へと垂れ下がっていきます。

この様子をバスは凝視していて、動きが止まった瞬間にバイトしてくるケースが多いですね。

手持ちのルアーに、このスカートパーツを取り付けてみましょう。

これまでの実績と比べ物にならないくらい、バスが釣れるかもしれませんよ。

腹側にスカートを持ってくると、キャストしたときの着水音を抑えることができます。

さまざまな工夫を施しながら、よく釣れるルアーに仕上げましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング