ロゴ 写真

デプスルアー特集!バス釣りで人気のルアーメーカーアイテムを徹底インプレ

FISHING JAPAN 編集部

デプスは、奥村和正さんが立ち上げたバス釣りルアーメーカーです。

とても人気が高く、多くのアングラーがそのルアーを使っていますよ。

何といっても有名なのは、スピナーベイト・Bカスタム。

縦に揺れる独特のバランスセッティングで、琵琶湖のビッグバスキラーとして評価が高まったルアーです。

ここでは、デプスが製作してきた人気ルアーをピックアップして、独自の使用インプレをご紹介しましょう。

デプスの人気が高い理由

デプスが人気なのは、リリースしているルアーアイテムのどれもが、オリジナリティに溢れているからです。

実際に釣り場に出向いてバスを釣らなければ、この形・仕様にはならない!と、手にしたユーザーが実感できるところが素晴らしいですね。

特にビッグバスをターゲットにしたスイムベイトやワームの数々は、説得力のカタマリ。

1日キャストし続けたくなる完成度の高さが、ユーザー満足度を押し上げる要因になっています。

デプスのおすすめルアー実釣インプレ①デスアダー6インチ

デプスルアーの中からおすすめのアイテムをピックアップしてみましょう。

まずはワームのデスアダーから。

ストレートワームというよりスティックベイトといったほうが適しているでしょう。

さまざまなサイズがリリースされていますが、おすすめは6インチ。

ボリュームとウエイトのバランスが絶妙で、10グラムを超えますからノーシンカーリグであらゆるポイントを攻めることができます。

着水してフォールするときの微細な揺れ、その姿勢がよく出来ていて、サスペンドするビッグバスが吸い込みやすいようになっています。

ウィードエリアの上っ面でも、オーバーハングの奥でも、このスティックベイトに攻略できないポイントは存在しないでしょう。

リブの刻みデザインが、後発のブルフラットなどにうまくデフォルメ継承されている点も見逃せないですね。

生き物の代表(^^)海、湖、川、全てのシーンで活躍する最高なワームやね。

出典:アマゾン

デプスのおすすめルアー実釣インプレ②イヴォーク4.0

次にご紹介するのが、高い浮力のクランクベイト・イヴォーク4.0です。

そもそもクランクベイトというのは、ふぐのように丸く太っているのですから、他のルアーより高い浮力が保持されるべき。

その点を徹底的に煮詰めた感のある内部構造は、余計な仕切り板などを排除して予想以上の浮力を作り出していますよ。

試しにカバーに当ててみると、一瞬で姿勢を元通りに戻してくれます。

名前に付いている4.0は、潜行深度4.0メートルを表しているのですが、そこまで潜らせなくてもシャローカバー攻略用として、じゅうぶんに機能してくれるアイテムといえそうです。

サイズ100ミリは、クランクベイトとしては大きいですが、ビッグベイトと比較すると小さい部類に入ります。

それならば、ビッグベイトとは異なる領域で真価を発揮させよう!というルアーデザイナーの心意気が感じられる逸品といえるでしょう。

デプスのおすすめルアー実釣インプレ③NZクローラー

NZクローラーは、流行りのクローラーベイトの中でも突出した性能を持つルアーです。

3オンスというウエイト設定が、左右両ウイングによる水から離れようとする動きを抑え込み、しっかりとボディで縦方向に押し返す効果を実現していますよ。

これが深い層にいるビッグバスに伝わり、急浮上バイトを引き起こす要因になっています。

実際に使ってみると、フッキングも容易に決まります。

バスだけでなくシーバスのサーフェイスゲームにも効果的ですから、ぜひ一度海や河口域で試してみてください。

その際、金属パーツの真水洗浄+乾燥を必ずおこなうようにしましょう。

デプスのおすすめルアー実釣インプレ④サイレントキラー250

最後にご紹介するのは、サイレントキラー250です。

いわゆるビックベイトの250ミリサイズ版で、その存在感はフィールドにおいて圧倒的。

単に水面に浮かしているだけでもプレッシャーを感じるのか、バスが浮いて近寄ってきますよ。

リトリーブをスタートさせると、フックがバタバタと動いていないことに気づきます。

ヒレがバンパーのような役割を果たしていて、フッキング率の向上や着水時のライントラブル解消に役立っているのです。

スイミングで引き起こす波の強さは、他のビッグベイトの追従を許さないでしょう。

まさにデプスらしい製品、これをキャストし続けられるアングラーを目指すのも、楽しいかもしれません。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング