テンヤ 写真

陸式アンチョビハイブリッドは2019年新発売のルアーにエサをセットするテンヤ仕掛け!

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルから2019年新発売の陸式アンチョビハイブリッドは、タチウオ釣りに使うテンヤ仕掛けです。

しかし、これまでのテンヤと異なるのは、ルアーとしてベースが作られていて、そこにエサを装着できるということ。

その特徴や実釣動画をチェックしてみましょう。

陸式アンチョビハイブリッドってどんなテンヤ仕掛けなの?

陸式アンチョビハイブリッドは、タチウオゲームを楽しめるテンヤ仕掛けです。

サイズは全長72ミリで、ウエイトが15グラム・20グラム・25グラムから選べるようになっています。

キャストしてカウントダウンしながら、トレースしたい層を選んでリトリーブとストップを繰り返しましょう。

陸式アンチョビハイブリッドのボディ素材

このテンヤは、ABS樹脂製ボディで作られています。

背中部分に、エサでもソフトワームでもセットすることができますよ。

タチウオの食いに合わせて、どちらを選ぶか釣り場で決めることができます。

スライドロックシステム(PAT.P)を搭載

陸式アンチョビハイブリッドには、スライドロックシステム(PAT.P)が搭載されています。

ワンタッチでエサ・ワームを真っ直ぐセッティングできるので、手返し良く釣りを続けることが可能です。

食いが立ってエサ交換をひんぱんにおこなわなければならないケースでも、素早く対応できますよ。

専用チューブホルダー付き

このテンヤのテール部分には、発光チューブをセットするための専用チューブホルダーが付いています。

タチウオを光で呼び寄せたいときに使ってみましょう。

装着可能な発光チューブのサイズは、直径2.9ミリです。

陸式アンチョビハイブリッドには、全部で5種類のカラーが用意されています。

グローストライプなどで発光するタイプが選べるので、タチウオを誘いやすくなっていますよ。

防波堤などでキャストするときは、周囲の人に配慮しながらおこなうようにしましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング