ルアー 写真

熱砂ヒラメミノーSR 150F / 150S AR-Cは2019年新発売のヒラメ・マゴチゲーム専用ミノー!

FISHING JAPAN 編集部

シマノより2019年新発売となる熱砂ヒラメミノーSR 150F / 150S AR-Cは、サーフゲームでヒラメやマゴチを狙うための専用ミノーです。

150Fがフローティングモデル、150Sがシンキングモデルになっていますよ。

その特徴や水中アクション動画をピックアップしてみました。

熱砂ヒラメミノーSR 150F / 150S AR-Cの基本スペックはこちら!

熱砂ヒラメミノーSR 150F / 150S AR-Cは、ヒラメゲームを楽しむために作られた専用ミノーです。

サイズは全長150ミリで、150Fのほうが自重27グラム、150Sのほうが自重30グラムです。

ということは、スローライズやスローシンキングで魚を誘うことが可能ですね。

熱砂ヒラメミノーSR 150F / 150S AR-CにはAR-C VRシステムを搭載

このミノーには、重心移動のAR-C VRシステムを搭載しています。

重心移動のためのウェイトを軸に吊るしているので、飛距離が伸びます。

細身ボディの内部で重心移動のストロークが稼げるようになっていますし、重心が低いのでスイムが安定するメリットも生まれていますよ。

70メートルを超える飛距離

熱砂ヒラメミノーSR 150F / 150S AR-Cは、ビッグサイズのミノーなのに、70メートルを超える飛距離を叩き出してくれます。

これなら広いサーフをしっかりチェックできますよね。

シモリを見つけたら150Fで浮かせて誘えますし、ボトム近くをトレースしたければ150Sを選べばOKでしょう。

貫通ワイヤーで大型魚でも安心

このミノーには、貫通ワイヤーがセットされています。

ラインアイとフックアイがワイヤーでつながっているので、思わぬ大型ヒラメに襲われても安心してやり取りがおこなえるでしょう。

フックはトレブルフックの4番サイズを3つ搭載しています。

熱砂ヒラメミノーSR 150F / 150S AR-Cには、合計10種類のカラーが用意されています。

人気の狂鱗ホログラムカラーも含まれていますし、チャート系やゴールド系も充実。

2019年の10月にリリース予定ですから、秋のサーフゲームに参戦させてみましょう!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング