バス ルアー 写真

スーパールーパービッグが2019年リニューアル!新しいカラーで秋のビッグバスを迎撃

FISHING JAPAN 編集部

ラインスラックから発売中のスーパールーパービッグが、2019年リニューアルです。

全6カラーとも新しくなって、秋のビッグバスを狙うことができますよ。

強烈な引き波や内蔵ラトルの干渉音を駆使しながら、タフコンディションのフィールドにトライしてみましょう!

スーパールーパービッグってどんなルアーなの?

スーパールーパービッグは、フローティング仕様のトップウォータープラグです。

大きなリップとジョイント構造を持った、ウェイクベイトといえるでしょう。

全長は22センチで自重は43グラム。

じゅうぶん過ぎるボリュームで、水面をかき回すことができますよ。

スーパールーパービッグにはフラットスカートが標準装備

このウェイクベイトには、専用のフラットスカートが最後尾に装備されています。

1本1本が平たく作られていて、着水と同時にふわりと広がります。

そのまま浮いているのではなくゆっくりと垂れ下がり、最後にはボディに対して垂直にぶら下がるようになっていますよ。

この動きをバスは見上げていて、ボディをアクションさせなくてもバイトを誘発させることができるのです。

ジョイント構造を採用

スーパールーパービッグのジョイント部分に注目してください。

極めて自由度が高く、後半ボディが柔軟にアクションできる仕組みになっています。

また空気を巻き込む構造ですから、干渉音プラス水泡も発生させることが可能です。

ラトル音でバスを引き寄せる!

このウェイクベイトの中には、3つのラトルボールが入っています。

それぞれが異なる干渉音を発生させ、遠くにいるバスをも引き寄せる効果を発揮してくれるのです。

近寄ってきたバスに、カチャリ!と音を聞かせるだけで、威嚇バイトを仕掛けてくることもありました。

スーパールーパービッグの使い方は、カバー周りへキャストするのはもちろん、秋バスの回遊ルートをトレースしながら、浮き上がらせてバイトに持ち込んでみましょう。

岬などのカケアガリで、沖へキャストして岸際へリトリーブするようにします。

ときおり止めて、浮かせたままの状態にしましょう。

波と音、それからフラットスカートの動きに誘われて、バスが真っ直ぐ浮き上がってくるのを見ることができるかもしれませんよ。

バイト直後はロッドを立ててフッキングをおこない、バスの重みでロッドが曲がってから追いアワセを加えるようにすれば、バラシを抑えた釣りが楽しめるでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング