男性 リチウムイオンバッテリー マダイ 写真

秋のマダイ釣行記!引きの強いマダイにも負けないリチウムイオンバッテリーでマダイ釣りを楽しもう!

FISHING JAPAN 編集部

春と秋がベストシーズンのマダイ釣り。

なかでも秋は小型から中型の元気なマダイがたくさん釣れるようになりますね。

まさにこれがらがベストシーズン到来のマダイ釣り!今回は愛知県南知多町の先端に位置する港・師崎港から出船しましたよ!

その模様をたっぷりとご紹介します!

9月19日、師崎港から出船!

9月19日(木)。天気は晴れ。本日は昭和50年から続く久六釣船の貸切船で出船します。

5:00に集合して、5:30に出船。師崎の船は、6:00に一斉にポイントへ向けて走り出すため、それまでは港の出口にて待機します。

同行者は豪華なこのお二人です!

今回の釣行の同行者は、CLUB SANGO、ORCA NAGOYAでDJをされているDJ TOMOYAさんと、プロカメラマンのTANAさん。

彼らは、電動リールを使った餌釣りや船釣りが得意で仕事終わりでも船に乗って出撃するほど筋金入りの釣り好きです。

これは、今回の釣行も期待大ですね!

45~60cmのマダイも混じる大健闘

当日は朝一から風強く、沖は思った以上に波高がありました。

6:30にポイントへ到着し、アンカリングの後、水深30メートルで開始します。

やっかいなことに風と潮流が逆になり、船が安定せず、釣り始めは非常に釣りにくい状況…。

しかし8:30の潮止まり、その後の下げ潮に変わった頃から船が安定し釣りやすい状況に好転!

絶好の機会を逃さず、30cmほどのマダイを多数釣り上げることに成功!マダイ釣りの醍醐味である力強い引きを思う存分味わいました。

45~60cmのマダイやハマチ、クロダイも混じるなど、満足の行く釣行になったのではないでしょうか。

リチウムイオンバッテリー6.6Ahが活躍

今回の釣行でも活躍したのがリチウムイオンバッテリー。6.6Ahを使用しましたが、私を含め3人ともインジケーターの減少はなかったです。

このエリアの水深は浅く、巻き上げ時間が短く済んだのでバッテリーが減少しなかったものと思われます。

今回もバッテリーにはオレンジのシリコンケースを装着。波の高い釣行でも安心です。

リチウムイオンバッテリーがフル回転で、満足の行く釣果となりました。

商品の詳細は、ビーエムオージャパンのHPをご確認ください。

今からがベストシーズンのマダイ釣りの釣行記をお送りしましたがいかがでしたでしょうか。

みなさんもぜひマダイ釣りに出かけてみてくださいね!

インジケータの見方・他の釣行記は以前の記事をご確認ください。

関連記事はこちら

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

BMOジャパン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング