ワーム 写真

ビーローチを使ってライトソルトゲームを楽しもう!根掛かりを気にせず大胆に攻める

FISHING JAPAN 編集部

ブリーデンから発売中のワーム・ビーローチは、ライトソルトゲーム攻略に活用したくなるアイテムです。

メバリングやアジングはもちろん、チヌやロックフィッシュゲームにも効果的。

その特徴やカラー、水中アクション動画をピックアップしてみました。

ビーローチってどんなワームか知ってる?

ビーローチは、海辺に棲むフナムシそっくりのフォルムを持ったワームです。

サイズは全長30ミリとひと口サイズ。

さまざまな魚を対象にできるのは、この小さなボリュームによるところが大きいでしょう。

ビーローチは甲殻類にそっくり

このワームは、甲殻類に似ています。

ボトムを這うようなアクションを、ジグヘッドにセットしておこなってみると、甲殻類を好んで捕食する魚たちが集まってきますよ。

ジグヘッドに装着した際、ボトムから離れて立ち上がろうとする水中姿勢も、魚が吸い込みやすいといえるでしょう。

ボトムで立ち上がり根掛かりしにくい

ビーローチがボトムで立ち上がることで、セットしたフックも持ち上げられます。

それにより地形変化や沈んでいるカバーに引っ掛かるケースが抑えられるでしょう。

根掛かりの心配がないのであれば、大胆に攻めのアブローチができるので、より一層釣れることにつながっていきます。

バイト信号をしっかりとらえてフッキング

このワームなら、複雑な岩礁帯はもちろん、テトラエリアやゴロタ石エリア、護岸の際なども積極的に攻めることができます。

そういうポイントに潜んでいる魚は、テリトリー意識が強く、侵入者を許しません。

攻撃的なバイトは、手元にしっかり伝わってくるので、フッキングのタイミングも分かりやすくなりますよ。

ブリーデン(BREADEN) ワーム 13-Roach(ビーローチ) 30mm パインラメ #25

ブリーデン(BREADEN) ワーム 13-Roach(ビーローチ) 30mm パインラメ #25

参考価格:¥952

Amazonへ

Yahoo!ショッピングへ

ビーローチには、全部で9種類のカラーがラインナップされています。

対象魚に合わせて、効果的なカラーを選ぶようにしてください。

セットするジグヘッドのカラーとマッチさせると、一体感が出て好釣果につながりますよ。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング