ロッド 写真

アナリスターテンヤタチウオ瀬戸内は2019年新発売の船釣りタチウオ専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワより新発売となるアナリスターテンヤタチウオ瀬戸内は、船釣りにおけるタチウオ専用ロッドです。

軽量タチウオテンヤを使用するために作られていますよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

アナリスターテンヤタチウオ瀬戸内の基本スペックはこちら!

アナリスターテンヤタチウオ瀬戸内は、船釣りでのタチウオ釣り専用ロッドです。

設定機種は2種類、長さ1.75メートル重さ106グラムのタイプと、1.95メートル113グラムのタイプから選べるようになっています。

どちらもセンターカット2ピース仕様で、錘負荷30~80号、テンヤ負荷10~50号です。

7対3調子に仕上げられていますよ。

アナリスターテンヤタチウオ瀬戸内の穂先はメガトップ

このロッドは、瀬戸内地方で高い人気のテンヤタチウオを実践するためのロッドです。

このエリアでは軽量なテンヤをよく用いることから、繊細で感度の高いロッドが必要となるのです。

穂先部分にはメガトップを搭載して、軽快な操作性と高感度を実現していますよ。

ブランクはX45でネジレ抑制

アナリスターテンヤタチウオ瀬戸内のブランクは、X45で補強されています。

これを施すことにより、ブランク自体がネジレるのを抑える効果があります。

大型のタチウオが掛かっても、じゅうぶんに対処できるスペックに仕上がっているのです。

エアセンサーシートを採用

このロッドのリールシートには、エアセンサーシートのスタンダードトリガータイプを搭載しています。

高い手感度を実現しているので、タチウオからの微細なアタリも把握しやすくなっています。

ダイワ電動リールの300サイズまでを装着するようにしてください。

アナリスターテンヤタチウオ瀬戸内は、長さ1.95メートルタイプのほうが、よりしなやかな調子に仕上がっています。

2019年の10月にリリース予定、秋のタチウオテンヤ釣りが楽しみですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング