ルアー 写真

エクスセンス ガラスライド95Fは2019年新発売のシーバスゲーム専用ペンシルベイト!

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノより新発売となるエクスセンス ガラスライド95Fは、シーバスゲームを楽しむためのペンシルベイトです。

ボディが反響しやすい材質で、高音のラトルサウンドを発生してシーバスを引き寄せます。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

エクスセンス ガラスライド95Fってどんなペンシルベイトなの?

エクスセンス ガラスライド95Fは、シーバスをターゲットにしたフローティングのペンシルベイトです。

サイズは95ミリで14グラム。

これならじゅうぶんに遠投できますし、着水音を静かに抑えることも可能でしょう。

エクスセンス ガラスライド95Fはドッグウォークが得意

このペンシルベイトは、角度60度前後まで立ち姿勢になるように作られています。

着水地点からあまり移動せずに、ドッグウォークを始められるでしょう。

そのクイックレスポンスにより、潮目やカバー周りに付いているシーバスを引き出しやすいのです。

ピチャピチャとスプラッシュを飛ばしやすいメリットも付加されています。

ボディにガラス繊維を配合

エクスセンス ガラスライド95Fのボディ材質には、ガラス繊維を配合しています。

これとラトルボールが干渉して、高音を発生させるようになっていますよ。

釣り人の耳にも聞こえやすいので、ドッグウォークさせるときのリズムを取りやすいでしょう。

貫通ワイヤーを配置

このペンシルベイトには、貫通ワイヤーが配置されています。

各アイをワイヤーでつないでいるので、大型シーバスが掛かってもアイが抜けてバラしてしまうことを防げます。

エクスセンス ガラスライド95Fには、合計8種類のカラーが用意されています。

内4種類は、狂鱗ホログラム仕様になっているので、そのリアルさでバイトを増やせるでしょう。

2019年の10月にリリース予定、キャストを繰り返しながらシーバスの反応をチェックしてください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング