ルアー 写真

人気のシャッドダンサーに2019年追加サイズ・7センチが登場!

FISHING JAPAN 編集部

ラパラジャパンから発売中のシャッドダンサーに、2019年追加サイズ。7センチが登場します。

既存サイズは、4センチ5グラムと5センチ8グラムでしたから、一気にボリュームアップしますね。

その特徴や水中アクション動画をピックアップしてみました。

シャッドダンサーってどんなルアーなの?

シャッドダンサーは、リップの付いたクランクベイトです。

追加サイズは、7センチで15グラム。

ずいぶんとウエイトがアップしましたから、ベイトタックルを使ったロングキャストも可能でしょう。

シャッドダンサーの素材はバルサ

このクランクベイトに使われている素材は、バルサ材です。

非常に浮力が高く、水中でキビキビとアクションしてくれますよ。

アイはワイヤースルー構造になっているので、大物が掛かっても安心してやり取りを続けられるでしょう。

ノンラトルのサイレント仕様

シャッドダンサーのボディ内部には、ラトルが入っていません。

すなわちサイレント仕様ですから、何度キャストしてもあまり場が荒れず、バイトのチャンスが広がります。

ラトルインタイプのクランクベイトと、ルアーローテーションするのもいいかもしれませんね。

潜行深度をチェック

追加の7センチタイプの潜行深度は、最大で2.7メートルから4.2メートルに達します。

最大潜行深度を得たいときは、キャスティングではなくボートによるトローリングでアプローチしてみましょう。

リップが何かに接触したと感じたら、キルを入れて浮かしてみてください。

シャッドダンサーは、過去の名作・ラパラシャッドラップに似ています。

でもシャッドラップは、あまり飛距離が稼げないデメリットがありました。

その点シャッドダンサーは、じゅうぶんな飛距離で広範囲から魚を呼び込むことができますよ。

早くフィールドでキャストしてみたいですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング