ルアー 写真

エクスセンス スタッガリングスイマーで秋の潮目を叩いてみよう!

FISHING JAPAN 編集部

復刻を果たしたエクスセンス スタッガリングスイマーは、シマノのシーバス専用シンキングプラグです。

スリムなボディで遠投が利き、ややリアを下げた状態で蛇行しながら泳いでくれますよ。

いわゆるS字スラロームなスライドアクションを、カンタンに出すことができます。

エクスセンス スタッガリングスイマーで潮目にいるシーバスを狙おう!

エクスセンス スタッガリングスイマーでシーバスを攻略する場合、ターゲットにするのは潮目です。

例えば防波堤や沖の一文字に乗ったとき、もしくはボートデッキからのキャスティングゲームを実施するとき、障害物や構築物目掛けて投げるのではなく、潮の変化を探してその真ん中へルアーを放り込んでください。

エクスセンス スタッガリングスイマーは表層まで浮上して水面直下をキープ

着水したこのルアーは、シンキングですから沈んでいきます。

しかしながら、ひとたびリトリーブを開始すると、表層まで浮上してきて水面直下をキープしてくれますよ。

リップ付きのフローティングミノーで水面直下をキープするのとでは、動きのベースが異なります。

S字を描くようにしてボディをスラローム

エクスセンス スタッガリングスイマーの動きのベースは、S字を描くようにしてボディをスラロームさせること。

これが群れから外れたイワシなどの小魚に、そっくりなのです。

シーバスはそういう個体を探していますから、ロックオンされてからバイトに至るまでがかなり早くなることを心に留めておきましょう。

サイズは2種類

このルアーには、サイズが2種類設定されています。

100Sは、全長100ミリで自重14.5グラム。

125Sは、全長125ミリで自重21グラム。

どちらもAR-C重心移動システムを搭載しているのでよく飛びますから、その場にいるベイトフィッシュのサイズに寄せてどちらかを選ぶようにしましょう。

エクスセンス スタッガリングスイマー独自のアクションを理解しながら、他のルアーとのローテーションに活用してください。

特にリップ付きミノーとのアクションの違いを使い分けることができれば、シーバスを釣る確率は格段に上がるでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング