ルアー 写真

ブレニアス ブリームペンシル75Fを使ってチヌトップゲームを楽しもう!

FISHING JAPAN 編集部

ブレニアス ブリームペンシル75Fは、シマノから発売中のチヌ釣り専用ペンシルベイトです。

全長75ミリと小振りなので、前後に付いているトレブルフック・8番サイズとマッチングが良い印象を持ちましたよ。

実際にフィールドでキャストしてきましたので、詳しくインプレしてみましょう。

ブレニアス ブリームペンシル75Fとは

ブレニアス ブリームペンシル75Fは、フローティングタイプのペンシルベイトです。

ウエイトが8グラムもあって、マグネット式の重心移動システムまで搭載されているので、キャスタビリティはじゅうぶん。

スピニングタックルはもちろん、ベイトフィネスタックルでも、かっ飛んでくれますよ。

ブレニアス ブリームペンシル75Fの首振りアクション

フローティングのペンシルベイトですから、手首動作によるトゥイッチを加えての首振りアクションをイメージする人が多いですが、このルアーはそこまで釣り人が仕掛ける必要がありません。

キャストしてロッドティップを立て、上下に細かく揺らすだけ。

それにリトリーブを加えると、勝手に首振りアクションを始めてくれますよ。

これなら手首が疲れませんし、長時間キャストを続けられるのでおすすめです。

ベイトフィネスタックル+フロロカーボンライン

ブレニアス ブリームペンシル75Fをベイトフィネスタックルで使うのは、牡蠣ガラなどの貝殻エリアに擦れることへの対処も加味しています。

スピニングタックルのライトラインやPEラインでは、やはり不安が拭えないケースがあるのです。

フロロカーボンラインの10ポンド前後を使えば、カンタンに破断することはありませんし、ラインが沈む分、ダイブアクションを加えやすくもなります。

カラーに注目

このルアーのカラーは、とてもチヌに効果的なものばかりですね。

特にチャート系カラーは、スピーディーに誘ってもステイさせてもバイトが安定します。

チヌゲームの場合、何も無い水面でステイさせてもバイトにつながりにくいですが、地形変化のある真上や浮遊物のそばでステイさせると、思わず食い付いてくれることがありますよ。

是非試してください。

ブレニアス ブリームペンシル75Fをキャストするのにおすすめなのは、河口域の浅瀬エリアです。

ただし、そういうところにはアカエイが潜んでいることが多いですから、ウェーディングするときはじゅうぶん注意してください。

擦り足による前進とライフジャケットは必須、あまり水深のあるところまで行かないようにしましょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング