ロッド 写真

エメラルダスEX BOATは2019年新発売のボートエギング専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワより2019年新発売となるエメラルダスEX BOATは、ボートエギング専用のロッドです。

さまざまな先進機能を搭載した、フラッグシップモデルとして登場しますよ。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

エメラルダスEX BOATの基本スペックはこちら!

エメラルダスEX BOATは、アオリイカやコウイカをターゲットにしたボートエギング専用ロッドです。

設定機種は、4種類。

長さは5.11フィートから7フィートまで、パワーはスピニングタイプがML、ベイトタイプがMです。

エメラルダスEX BOATのグリップには軽量なエアセンサースリムフィットを採用

このロッドは、自重82グラムから104グラムまでに収まるように作られています。

全て2ピース仕様で、センターカットでありながら1ピース並みのベンディングカーブを描くVジョイントを搭載しています。

グリップに軽量なエアセンサースリムフィットを採用し、ダウンロック方式でリールを固定します。

AGSを搭載

エメラルダスEX BOATのガイドシステムには、AGSを搭載しています。

軽いカーボンフレームは、飛距離とコントロール性能をアップ、ラインを通して伝わる振動をダイレクトにブランクに響かせる高い感度を発生させます。

新開発の軽量リング・Cリング=コバルト合金や、Nリング=シリコナイトが採用されていますよ。

SMT=スーパーメタルトップを採用

このロッドには、SMT=スーパーメタルトップをロッドティップに搭載しています。

超弾性チタン合金をチューブラーやソリッド構造に仕上げて、カーボンやグラス素材をハイブリッドし、理想的な調子を作り出していますよ。

イカからの微細なアタリを確実にとらえるための工夫といえるでしょう。

エメラルダスEX BOATのブランクには、HVFナノプラスを採用しています。

レジンの量を減らしカーボン繊維の密度を高めた高密度HVFカーボンに、東レ・ナノアロイテクノロジーをダイワ独自の製法で組み合わせています。

高強度化・軽量化を成功させたブランクで、ボートエギング用ロッドの新しいページを開いたのです。

2019年9月にリリース予定、1日も早くデッキ上で振ってみたいですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング