ルアー 写真

秋バスはタイニーピーナッツで攻略!シャローカバーに付いたバスをタイニーなクランクベイトで誘い出す

FISHING JAPAN 編集部

秋のバス釣りを楽しめる気候になってきました。

広大なシャローエリアに散っているバスを、効率よく攻めていこうと思えば、ハイスピードリトリーブによるカバー叩きがおすすめです。

ダイワのタイニーピーナッツなら、ハードな接触にもじゅうぶんに耐えて、数多くの秋バスを連れ帰ってくれるでしょう。

タイニーピーナッツってどんなルアーか知ってる?

タイニーピーナッツは、バス釣りに使うための小型クランクベイトです。

潜行深度を2種類のタイプから選ぶことができますよ。

1つはSRタイプ、自重4グラムで全長40ミリ、潜行深度は約1メートルです。

激浅エリアを素早く探るのに向いているでしょう。

タイニーピーナッツの潜行深度

もう1つは、DRタイプ。

自重4.5グラムで全長40ミリ、潜行深度は約1.5メートルです。

SRとは50センチしか潜行深度に違いがありませんが、実はこの50センチで釣れる・釣れないの結果が明確に分かれることもあるのです。

カバー乗り越え性能に注目

タイニーピーナッツDRは、SRよりリップが長くデザインされていますよ。

分厚さもじゅうぶんありますから、水に沈んでいるカバーに強く当たっても壊れないですし、うまくその上を乗り越えてくるでしょう。

この乗り越え性能はリトリーブをハイスピードに早めても、ほぼ引っ掛かることなく何度も発揮してくれます。

ということは、ハイスピードを活かしたバス攻略が可能になるわけです。

ハイスピードを維持しながらカバーに接触

具体的には、画像のような沈木カバーが並んでいるようなエリアでも、それらに触れたからといってタイニーピーナッツのスピードを下げる必要はありません。

当然沈木には激しく強く接触しますから、スイムバランスの崩れ方は大きくなるでしょう。

真上に跳ね上げられることもあるでしょうし、深々とカバーに入り込む場合も想定できます。

タイニーピーナッツなら、大きくバランスが崩れても、その高い浮力で姿勢を制御してカバーから抜け出してくるでしょう。

ワームでどうしても口を使わないバスに遭遇したとき、是非タイニーピーナッツの早巻きを実践してみてください。

思わぬビッグサイズが、掛かるかもしれませんよ!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング