バス ルアー 写真

アトラクションの強いルアーでバスを釣りたい!回転式金属パーツの実力をチェック

FISHING JAPAN 編集部

カバーを見つけてルアーをキャスト、上手い具合にバスがバイトしてくれたら釣り上げることができます。

この行程の中に、いくつもの偶然が含まれていますよね。

詳しく分析してみましょうか。

偶然を並べてみた

まず、見つけたカバーの中に、バスが居てくれなければいけません。

それから選んでキャストしたルアーが、カバー目掛けて飛んでくれなければダメでしょう。

そのルアーが、カバーを壊さないように引っ掛からないピンポイントへ着水しなければなりません。

もうひとつ、着水音が低く抑えられていなければ、バスは警戒して食い付いては来ないでしょう。

これだけの偶然が重なって、ようやくバスを釣り上げることが可能になります。

ちょっと大変ですよね。

カバーにバスがいないとすぐにあきらめてしまう

最初の条件に戻ります。

もしそのカバーにバスが居なかったらどうしますか?

延々と次のカバー、また次のカバーを撃っていくのでしょうか。

そのうち池を1周回ってしまいますが、そこであきらめてしまっていませんか?

アトラクションの強いルアーとは

そういう一連の流れを無視して、バスのほうからルアーに近づいてきてくれる、言い換えれば、バスを引き寄せることのできるルアーが、アトラクションの強いルアーだといえます。

具体的には、そのルアーをキャストしてリトリーブするだけで、それまでとは違う環境を作り出せる仕組みを持ったルアーを指しています。

ゼログラビティのドラガチュラをチェック

例えば、画像のゼログラビティが製作したドラガチュラは、ボディ前方に大きな金属パーツを搭載しています。

そんな生き物はこの世に存在しませんから、浮いているだけなら捕食対象には見えないでしょう。

しかし、ひとたびリトリーブを開始すると、付属の金属パーツが回転(または水を攪拌)し始めて、それまでの環境を一変させるのです。

こういったアトラクションの強い、環境を大きく変化させられるルアーは、これまでにも存在しました。

ただ捕食対象に似ていないので、ルアー釣りをエサ釣りの延長と考えている人たちには、理解されづらいルアーだったのです。

実際に使ってみると、これほどよく釣れるルアーはありませんから、是非試しにキャストしてもらいたいですね。

自らの釣りスタイルを、偶然に身を委ねたものから大きく変えるために、アトラクションの強いルアーをおすすめします。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング