バス ルアー 写真

チャガースプーク原点回帰を使ってみた!大型バス狙いのオリジナルアプローチを公開

FISHING JAPAN 編集部

ヘドンのチャガースプークが、原点回帰シリーズとして復活しました。

早速実釣で使ってみましたので、そのインプレをお届けします。

初代チャガースプークがリリースされたのは、1950年前後の話ですから、当時のカラーを使おうにもなかなか入手しづらくなっています。

表題のGMカラーも、懐かし過ぎるカラーのひとつですね。

チャガースプークのメリット

チャガースプークの釣り道具としてのメリットは、ボリュームが小さいこと。

それから移動距離少なくアクションを繰り出せること。

そして前述のカラー、そのラインナップが豊富なことが挙げられます。

どこに寄せて作られているかを理解する

ポッパータイプのルアーなら、他メーカーにもっとレスポンスの良いものがたくさん存在しています。

そこを目指さず、原点に回帰しようとした判断は、正解だったのかもしれません。

金型も初期モデルのものは残っていないでしょうから、このカタチでじゅうぶんでしょう。

実際に使ってみると、驚くほどよく釣れます。

チャガースプークで大型バスを狙う

チャガースプークを使って大型バスを狙うには、標準で装備されている大き目のトレブルフックを利用します。

このフック、刺さりがそれほど良いとはいえません。

瞬間的に貫通するようなシャープさは持ち合わせていないので、それをうまく使うのです。

あえてカバーを狙わないアプローチ

シャローのカバー周りよりも、垂直岩盤などの急深ポイントへキャストしましょう。

着水そしてアクション、普通でいいです、水飛沫を撒き散らしてステイさせてください。

しばらく置いておくと、子バスが寄ってくることがあります。

じゃれついてくるのですが、フッキングをおこなわずにそのまま様子を見ましょう。

スミス Heddon 原点回帰シリーズ チャガースプーク CRWS

スミス Heddon 原点回帰シリーズ チャガースプーク CRWS

最安値価格
¥1,584(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥1,584

子バスが起こす乱れた波動が、垂直岩盤に当たって複雑な水のヨレを発生させます。

もし深い層に大型バスが居れば、ルアー単体では起こし得ないこの水のヨレを、見過ごすことはないでしょう。

数秒後、子バスもろとも大型バスにふっ飛ばされ、それでも回収せずに浮かし続ければ、チャガースプークが大型バスの口に入っていますよ。

フッキング動作はそれからでじゅうぶん間に合いますし、刺さりもバスの重量がすんなり解決してくれるでしょう。

スミス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング