ルアー 写真

バンタム ジジル85AR-Cを使ってタフコンバスを攻略しよう!

FISHING JAPAN 編集部

バンタム ジジル85AR-Cは、シマノから発売中のI字系ジョイントミノーです。

フローティング仕様で、かっ飛びAR-Cを内蔵していますよ。

その特徴やタフコンディションのバスを攻略する方法をチェックしてみましょう。

バンタム ジジル85AR-Cってどんなミノーなの?

バンタム ジジル85AR-Cは、バス釣り専用のI字系ジョイントミノーです。

全長85ミリで自重6グラム。

スピニングタックルはもちろん、ベイトフィネスタックルでもキャストして操ることができます。

バンタム ジジル85AR-Cの内部構造

このミノーの内部構造を見てください。

AR-C重心移動システムが搭載されていますので、安定して飛距離を稼ぐことができ、尚且つキレのある泳ぎも実現してくれます。

ジョイント部分は、ワグロックジョイントを採用しています。

実際に使ってみたインプレ

バンタム ジジル85AR-Cを実際に使ってみました。

ベイトフィネスタックルで、8ポンドフロロカーボンラインに結びましたが、驚くほどの飛距離で広範囲をチェックできますよ。

トゥイッチやジャークなどのロッドワークにも、レスポンスよく追従してくれるのは嬉しいですね。

タフコンバスを攻略するデッドスローシンキングチューン

動画では、タフコンディションのバスを誘うために、デッドスローシンキングチューンを施しています。

板オモリをこのミノーの腹部分に複数枚貼ることで、自重を微調整しながら増やすわけです。

確かにフローティングのままだと、水面に出切らないバスがいましたから、これは妙案ですね。

バンタム ジジル85AR-Cにはリップがありませんから、ボディを激しくロールさせたりウォブルさせたりすることは望めません。

その代わりに、時おりブルッと震えるような生命感溢れるアクションや、ジョイントによる左右への方向転換などを演出できますよ。

ルアーの特性を理解しながら、釣り場の状況にあわせて使ってみましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング