バス ルアー 写真

レッドヘッドカラーのペンシルベイトでバスを誘う!日照の強弱を利用したアプローチ

FISHING JAPAN 編集部

日照の当たらない日陰にルアーを放り込むと、一瞬見えなくなることがありますよね。

バスも同じような感覚を持っているんじゃないかな?という仮定をおこなってみました。

それを実際の釣りで活かして、バスを誘ってみたのです。

日照の違いで見えにくくなるカラー

表題の画像は、日照のあまり当たらない日陰で撮影したものです。

バスの体表の白色が、暗がりでもよく目立っていますよ。

同じ白色がルアー(ここではペンシルベイト)にも配色されていますが、ちょっとトーンが落ちています。

赤色の部分は、もっと黒に近い発色に変わってしまっていますよ。

すなわち、見えにくくなっていることがお分かりでしょうか。

見えやすくなるカラー

次に、日照の当たっているところのバスとルアーを見てください。

鮮やかに発色していて、白は白、赤は赤と判別できます。

つまり、見えやすいのです。

レッドヘッドカラーの活用方法

ルアーに用いられるレッドヘッドカラーは、この“見えやすい”と“見えにくい”を刺激として、バスにアピールできる配色なのではないでしょうか。

暗がりに放り込んで、バスから“見えにくい”状態でルアーをアクションさせると、バスはシルエットのはっきりしないものが水面でもがいていると認識するでしょう。

そしてはっきりさせようと接近するのではないでしょうか。

勢い余ってルアーに触れたら、そのままバイトしてしまう確率は、低くはないはずです。

刺激を操る

逆も考えられます。

暗がりから日照の当たるエリアへ、いきなりレッドヘッドカラーのペンシルベイトを引き出したら、はっきりと発色して白と赤がバスの目に飛び込むはず。

それが強烈な刺激となって、バイトにつながっても不思議ではないでしょう。

レッドヘッドカラーは、環境条件(ここでは日照の強弱)に絡めて使える、誘いの要素満載のルアーカラーといえそうです。

うまく活用して、バスのバイトを呼び込んでみましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング