バス ルアー 写真

タイニーなクローラーベイトでバスを狙おう!おすすめ小型羽根モノルアーをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

小さなひと口サイズのルアーに羽根が生えていたら、着水音は抑えられますし、リトリーブしながら水面を羽根でかき回すこともできます。

そんな食わせとアピールの要素を兼ね備えたルアーなら、バスが積極的にバイトしてきても不思議ではないでしょう。

あなたのタックルボックスには、タイニーなクローラーベイトが入っていますか?

タイニーなクローラーベイトの強みとは

タイニーなクローラーベイトなら、着水を静かにしやすいので、何度でもキャストすることができます。

キャスト数が増えれば、バスがバイトしてくる確率も上がりますから、結果よく釣れることに。

カバーに引っ掛かっても大型クローラーベイトより外しやすく、飛距離が伸びねものも多いですね。

ここではおすすめのタイニーなクローラーベイトをご紹介します。

ヘドン・タイニークレージークローラー

まず1つめにおすすめしたいタイニーなクローラーベイトは、ヘドンのタイニークレージークローラーです。

ベイトタックルでじゅうぶんにキャストできますし、複雑なカバーでもスルリと抜け出してくれます。

豊富なカラーラインナップに動き出しの良さ、ステイさせてもバスが食い付いてくるひと口サイズ感。

全てが絶妙なバランスで成り立っている、トップウォータープラグの傑作といえるでしょう。

ジャッカル・マイクロポンパドール

全長42ミリで自重6.5グラムのポンパドールシリーズ最小モデルも、実釣でとても役立つタイニークローラーベイトです。

金属ウィングや最後尾の回転プロップなど、バスを引き付けるアトラクターが満載。

カラーバリエーションも豊富でポップ、思わずキャストしたくなる逸品です。

メガバス・シグレット

メガバスのシグレットも、ひと口サイズのクローラーベイトです。

セミにしか見えないボディデザインは、着水即バイトで楽しませてくれることが多いですね。

ベイトフィネスタックルを使えばキャストも楽々、見えバス釣りにもトライしてみてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング