ルアー 写真

ペンシルベイトを操ってバスを釣りたい!初心者におすすめのカンタン操作法

FISHING JAPAN 編集部

トップウォータープラグの代表格ともいえるペンシルベイトを使って、秋のバスを釣ってみましょう。

「あ~、ドッグウォークとか苦手なんだよな~、、」

だいじょうぶです!特殊なテクニックを駆使しなくても、ペンシルベイトはバスを引き寄せてくれますよ。

バス釣りに用いるペンシルベイトとは

ペンシルベイトはバス釣りの場合、フローティング仕様がほとんどですから、水中に勝手に沈んで引っ掛かってしまうことはありません。

着水した位置に、いつまでも浮いていてくれるでしょう。

そのうち風でも吹けば、風下に流されるでしょうし、水の流れのあるポイントなら、下流側や流れ出し側へ流されるに違いありません。

これをうまく活用してみませんか?

生き物のように!にとらわれない

ペンシルベイトを生き物と決め付けるから、生き物のように動かしたくなるのです。

でもよくよく考えてみてください。

頭をキビキビと左右に振りながら泳ぐ生き物など、あまり見たことがありません。

その動きがバスに効く!と誰かが過去に言ったからといって、真に受ける必要もないのです。

流れに任せる

風や水の流れに逆らわず、着水させたペンシルベイトをそのまま流してみましょう。

そのうち最下流部や途中のカバーなどに引っ掛かって止まるでしょう。

そのとき、初めて流れに逆らうように、ロッドを立ててペンシルベイトを動かしてください。

左右に何度も首振りさせる必要はなく、1回だけ、ピクリと動かせばいいのです。

あとはまた流されるままにしておきましょう。

ピクリからの再度流しを繰り返す

このピクリからの流し作業を、じゅうぶんに時間をかけながら繰り返してください。

他にもさまざまなものが流れ着くエリアで、力を失った弱々しい生き物を見事に演出していることになります。

とてもシンプルで、それゆえにバスに強烈にアピールするアクション。

これをペンシルベイトで実演できるようになってみてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング