ルアー 写真

ブレニアス ライズウォーク65Fを使ったチニングゲームの動画をチェック!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年リリースされたチニング用ポッパーペンシルが、ブレニアス ライズウォーク65Fです。

チヌを釣るために専用設計されていますから、これまであまり見たことのないデザインに仕上がっていますよ。

その特徴や浜名湖での実釣動画をチェックしてみましょう。

ブレニアス ライズウォーク65Fの基本スペックはこちら!

ブレニアス ライズウォーク65Fは、チニングを楽しむためのポッパーペンシルです。

サイズは全長65ミリで、自重5グラムのフローティング仕様。

水面に浮かべると立ち姿勢となり、アクションを加えたら前傾でドッグウォークを繰り返します。

ブレニアス ライズウォーク65Fにはバブルチャンバーを搭載

このルアーの頭部を見てください。

口から後頭部にかけて、貫通した穴=バブルチャンバーが空いています。

ここを水が通り抜ける際に空気と混ざり合って泡を発生、まるで小魚が逃走しているような水面の乱し方をするわけです。

クリアボディの内部には反射プレートを設置

ブレニアス ライズウォーク65Fはクリアボディで、その内部に反射プレートが設置されています。

ボディシルエットをぼやかしながらも、フラッシング効果を得ることのできる構造になっていますよ。

チヌがルアーに興味を持ち、追従してバイトに至るまでの誘いの要素を作り出しています。

トレブルフックの10番サイズを装備

このルアーに標準装備されているのは、トレブルフックの10番サイズです。

チヌの口にすっぽり入って、押し潰されないだけの剛性を保持しているフックですから、安心して使えますね。

チニングのトップウォーターゲームでは、早アワセは禁物。

またロッドで重量を感じたら素早く立てて、その角度を維持しながらリールを巻いて引き寄せるようにしましょう。

口の硬いチヌをバラさないための工夫のひとつです。

ブレニアス ライズウォーク65Fには、全部で8種類のカラーがラインナップされています。

釣り場にいる小魚のカラーに合わせたり、視認性の高いカラーにして微細なバイトを見逃さないようにしましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング