木 草 写真

クランクベイトで水に浸かった木や草を攻略!バスを誘えるおすすめクランクベイトをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

今年の夏は、雨が多くて池・湖は満水状態が続いています。

ご覧の通り、木や草がどっぷり水に浸かった状態になっていますよ。

バスはカバーが大好きですから、当然こういうところにも入り込んでいるはずですが、どうやって攻略すればいいのでしょうか?

浮力の強いクランクベイトで攻略

引っ掛かりにくいルアーを投入するよりも、積極的に攻めながら、自らの浮力でまとわり付いてきたカバーをふりほどくルアーのほうが、手返しが良さそうですよね。

浮力の強いルアーとなると・・・一番に思い浮かぶのは、クランクベイトでしょう。

クランクベイトの特徴

クランクベイトは、ボディがファットにデザインされています。

幅があるのでフックを隠しやすく、それゆえに引っ掛かりにくい。

加えてファットな分、浮力が他のルアーより高くなっていますよ。

カバーと分離しやすい

浮力の高いクランクベイトなら、冠水した木や草に当たってもふりほどくことが容易です。

リトリーブしているときのリールハンドルを回す手を止めればいいのです。

ふわりとその場で浮かび上がろうとする動きによって、まとわり付いていたカバーと離れることになるでしょう。

リップの効果

クランクベイトには、頭部アゴ下に大きなリップが付いています。

これが真っ先にカバーに当たり、複雑に絡み付くことを防いでくれますよ。

幅のあるスクエアビルタイプのリップのほうが、その効果は高いでしょう。

大小のクランクベイトを投げ分けながら、そのカバーでバスが反応しやすいものを選び出してください。

大きいクランクベイトだからビッグバスが釣れる!というわけではありません。

クランクベイトが内包する音やディスプレイスメントの強弱・カラー・姿勢などの中で、どの要素がバスに響くかは、実際に釣ってみなければ分からないのです。

冠水カバーを見つけたら、時間の許す限りさまざまなクランクベイトを試してみましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング