岸際 写真

急な減水で水位が下がってしまった!岸際で釣れていたバスの移動先をチェック

FISHING JAPAN 編集部

ボートやカヤックでリザーバーに浮かんでいるとき、急に減水した経験はありませんか?

翌日が大雨の天気予報になった場合などに、ダムの放水が始まってしまうことが原因です。

見る見る水位が下がって、それまでルアーをキャストできていたポイントが陸地になることも。

こんな状況下でバスを釣るには、どうすればいいのでしょう?

水位の下がり具合を確認

急減水し始めたことに気づいたら、岸際にルアーをキャストするのを止めてください。

次におこなうのは、岸から離れて沖合いにボートポジションをとることです。

沖に移動したら、水位の下がり具合をじっくり確認しましょう。

勢いよく減り続けるようなら、釣りを中止して陸に上がらなければなりませんから。

浮き草や藻を探そう!

減水の勢いが止まったら、沖の位置から岸際を見てください。

水に濁りが入っているようなら、水深が浅くなっている証拠。

その岸際から少し離れたところに、ヒシモなとの浮き草や藻が存在しないか探してみましょう。

小魚の避難場所

ある程度面積の広い浮き草や藻があれば、岸際にいた小魚がその真下に一時避難しているかもしれませんよ。

濁りや日照を避けつつ、環境が安定してくるのを待っているのでしょう。

ただし、浮き草や藻自体がさほど大きな規模でなければ、数多くの小魚を抱くことはできません。

小魚が溢れてしまうような状況を発見できたら、すかさずルアーをキャストしてみましょう。

クランクベイトで押し上げよう!

おすすめのルアーは、クランクベイトです。

水位の下がったエリアに着水させてから、沖の浮き草や藻に向かって泳がせます。

そして真下辺りまで来たら、キルを入れて浮上させましょう。

クランクベイトの背中で、集まった小魚や浮き草ごと押し上げるイメージでしょうか。

シマノ(SHIMANO) ルアー バンタム マクベス 50 ZP-105Q 003 グリーンサラダ

シマノ(SHIMANO) ルアー バンタム マクベス 50 ZP-105Q 003 グリーンサラダ

最安値価格
¥1,270(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,438

楽天市場へ ¥1,271

Yahoo!へ ¥1,270

クランクベイトの背中が浮き草に達したら、そのまま動かさずにステイさせます。

そうすると浮き草全体が揺れ動くようになり、周囲の水面が波立つでしょう。

この様子がバスを呼び寄せ、バイトに結び付くのです。

釣れないからとクランクベイトをすぐに回収してしまうと、浮き草ポイントを潰してしまいますよ。

じっくり時間をかけて、何度も浮き草を揺らすことを心がけてください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング